QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Bruce Hibbard

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【年末スペシャル☆】 Rakiが選ぶ「未来に残したい洋楽バラードの名曲ベスト100」

Rakiが選んだ「未来に残したい洋楽バラードの名曲ベスト100」


さて。。。
クリスマスまであと1ヶ月となりました☆
ということは間もなく今年も終わろうとしてるのですね・・・
うwww!!はやっ!

ちなみに☆☆☆
ついに当ブログがGoogleとYahooで「洋楽/バラード/名曲」で検索すると
トップページ(7位)に掲載されますです☆☆☆

「洋楽/ダンス/名曲」だとGoogleで6位、
「洋楽/ポップス/名曲」はGoogleで13位くらい!
「洋楽/ロック/名曲」はGoogleで17位くらい!

まぁ。開始から1年で、全てのジャンルでトップページ入りを果たす!
という夢もまんざらではなくなってきたような。。。
でも「名曲」というワードが入ってないと全然ダメです。
ダブル・キーワード程度だとやっぱあと数年は上位ページには入れませんね。

ただ音楽ジャンルを検索する場合「名曲」ってキーワードは結構、出現頻度が高い。
そういう意味で音楽に関してはトリプル・キーワードでもアリかなと思います・・・


※その割りにページランクが上がらないのは
Yだのアフェリだのに外部リンク貼りまくってるせいだろうあぁ。。。
やっぱカスタマイズせねばいかんですね。。。


ということで!!
当ブログで今年ご紹介してきた名曲の中から
ボクが独断で選んだベスト100を総括がてら発表いたします☆
まぁメジャーなナンバーはそこそこランクインしてるはハズなんで
洋楽ビギナーの方々には多少なりとも参考になるかとは存じます☆

上位20曲くらいはボクの好きな曲順に並んでますが
残り80曲については特に順位は関係ありませんですよ・・・


しかしながら・・・
果たしてオールジャンルで100曲づつ選べるかどうかは
ちぃ~とばかし自信がありません。。。スンマソン・・・
※過去記事チェックするのもかなり体力を要します故・・・。。。

とりあえずクリスマスが近いこともあるので
まずは洋楽バラードのベスト100だけはきっちりセレクトしときましょう!!
クリスマスシーズンには極上のバラードが必要ですからねぇ ♪(✿ฺ´∀`✿ฺ)
恋人との素敵なひとときのためにご参照になれば幸いですです☆

あ!失恋系ナンバーも含まれてますので歌詞の内容は無視してくださいね☆

ちなみにリンク先はボクの過去記事へのリンクです。。。
Yへの直リンクではありませんのであしからず・・・


もしかしたらYで削除されてるものもあるかもしれませんので
その場合ご容赦願います☆



「未来に残したい洋楽バラードの名曲ベスト100」

第 1位 The Way We Were - Barbra Streisand 【70年代】
第 2位 Bridge Over Troubled Water - Simon & Garfunkel 【70年代】
第 3位 Just Once - James Ingram 【80年代】
第 4位 Save the Best for Last - Vanessa Williams 【90年代】
第 5位 Where Did We Go Wrong? - The Manhattans 【80年代】
第 6位 Your Song - Elton John 【70年代】
第 7位 We're All Alone - Boz Scaggs 【70年代】
第 8位 Wind Beneath My Wings - Bette Midler 【80年代】
第 9位 Love takes time - Mariah Carey 【90年代】
第10位 Just the Way You Are - Billy Joel 【70年代】

第11位 A Song For You - Leon Russell 【70年代】
第12位 The Water Is Wide - Karla Bonoff 【70年代】
第13位 Didn't We Almost Have It All - Whitney Houston 【80年代】
第14位 I Need To Be In Love - Carpenters 【70年代】
第15位 Somewhere Out There - Linda Ronstadt and James Ingram 【80年代】
第16位 A Whiter Shade of Pale(青い影) - Procol Harum 【60年代】
第17位 I Still Believe - Mariah Carey 【90年代】
第18位 Endless Love - Diana Ross & Lionel Richie 【80年代】
第19位 Almost Paradise - Ann Wilson & Mike Reno 【80年代】
第20位 Nothing Love Can't Do - Bryndle 【90年代】

第21位 Hard To Say I'm Sorry - Chicago 【80年代】
第22位 Beauty And The Beast - Celine Dion & Peabo Bryson 【90年代】
第23位 Alison - Elvis Costello 【70年代】
第24位 All At Once - Whitney Houston 【80年代】
第25位 A Love So Beautiful - Michael Bolton 【90年代】
第26位 Separate Lives - Phil Collins and Marilyn Martin  【80年代】
第27位 Do Me Baby - Prince 【80年代】
第28位 Honesty - Billy Joel 【70年代】
第29位 Still They Ride - Journey 【80年代】
第30位 Still - The Commodores 【70年代】

第31位 Listen - Beyonce 【90年代以上】
第32位 Dilemma - Nelly feat. Kelly Rowland 【90年代以上】
第33位 You Can Have Me Anytime - Boz Scaggs 【80年代】
第34位 Let It Be - The Beatles 【70年代】
第35位 To Be With You - Mr.Big 【90年代】
第36位 You'll Never Let Me Go - Bruce Hibbard 【80年代】
第37位 Beautiful in My Eyes - Joshua Kadison 【90年代】
第38位 Heart Of Mine - Bobby Caldwell 【80年代】
第39位 Nothing's Gonna Change My Love for You - George Benson 【80年代】
第40位 I'll Make Love to You - Boyz II Men 【90年代以上】

第41位 The First Time - Surface 【90年代】
第42位 Bohemian Rhapsody - Queen 【70年代】
第43位 How Am I Supposed To Live Without You - Michael Bolton 【80年代】
第44位 Hey Jude- The Beatles 【60年代】
第45位 Lost In Your Eyes - Debbie Gibson 【80年代】
第46位 One More Try - George Michael 【80年代】
第47位 Company - Rickie Lee Jones 【70年代】
第48位 Against All Odds - Phil Collins 【80年代】
第49位 Last In Love- Nicolette Larson 【70年代】
第50位 Because I Love You - Stevie B 【90年代】

第51位 Stickwitu - The Pussycat Dolls 【90年代以上】
第52位 Wonderful Tonight - Eric Clapton 【70年代】
第53位 Crazy For You - Madonna 【80年代】
第54位 Baby I Love Your Way - Big Mountain 【90年代】
第55位 Sailing - Christopher Cross 【80年代】
第56位 That's What Friends Are For - Dione Warwick & Freands 【80年代】
第57位 If You Leave Me Now - Chicago 【70年代】
第58位 Glory Of Love - Peter Cetera 【80年代】
第59位 She - Gram Parsons 【70年代】
第60位 My One and Only Love - Sting 【ジャズの名曲】

第61位 It Will Be Alright - Airplay 【80年代】
第62位 Falling - Boyz Ⅱ Men 【90年代】
第63位 Love Will Lead You Back - Taylor Dayne 【80年代】
第64位 This I Promise You - 'N Sync 【90年代以上】
第65位 She's Out Of My Life - Michael Jackson 【70年代】
第66位 Rock Wit'cha - Bobby Brown 【80年代】
第67位 All My Life - K-Ci and Jo-Jo 【90年代】
第68位 Baby Come Back - Player 【70年代】
第69位 Miss You Like Crazy - Natalie Cole 【80年代】
第70位 Can you feel the love tonight - Elton John 【90年代】

第71位 A Groovy kind Of Love - Phil Collins 【80年代】
第72位 Tonight, I Celebrate My Love - Peabo Bryson&Roberta Flack 【80年代】
第73位 Tears in Heaven - Eric Clapton 【90年代】
第74位 If I Don't Have You - Orleans 【70年代】
第75位 If - Bread 【70年代】
第76位 I've Never Been To Me - Charlene 【80年代】
第77位 Just When I Needed You Most - Randy VanWarmer 【70年代】
第78位 How Do I Live - LeAnn Rimes 【90年代】
第79位 Next Time I Fall - Peter Cetera& Amy Grant 【80年代】
第80位 Should've Never Let You Go - Neil Sedaka  【80年代】

第81位 You Are Everything - Diana Ross & Marvin Gaye 【70年代】
第82位 Sometimes Love Just Ain't Enough - Patty Smyth & Don Henley 【90年代】
第83位 Right Here Waiting - Richard Marx 【80年代】
第84位 Betcha By Golly, Wow - The Stylistics 【70年代】
第85位 Don't Fall in Love with a Dreamer - Kenny Rogers (with Kim Carnes) 【80年代】
第86位 Take Me Back To Then - Bobby Caldwell 【70年代】
第87位 Stay With Me - Peter Cetera & Bobby Caldwell 【80年代】
第88位 I Guess That's Why they Call it the Blues - Elton John 【80年代】
第89位 Nobody Does it Better - Carly Simon 【70年代】
第90位 In This Life - Collin Raye 【90年代】

第91位 Blowin' In The Wind - Bob Dylan 【60年代】
第92位 Wild Heart Of The Young - Karla Bonoff 【80年代】
第93位 For Your Eyes Only - Sheena Easton 【80年代】
第94位 The Morning After - Maureen McGovern 【70年代】
第95位 I'll Take Care of You - J.D. Souther 【80年代】
第96位 More Than Words - Extreme 【90年代】
第97位 True Colors - Cyndi Lauper 【80年代】
第98位 Falling - Le Blanc & Carr 【70年代】
第99位 Always Gonna Love You - Gary Moore 【80年代】
第100位 The Smile Has Left Your Eyes - Asia 【80年代】



とりあえずダラ~っと100曲並べてみました。。。
お酒のみつつ「しっとり」「まったり」したいときにでもいかがでござんしょう???

変な話ですが・・・
ボクがこのブログを始めたきっかけって「洋楽バラードの名曲を聴きたいなぁ」
と思ってサイト検索してみたんですが、あまり参考になるサイトがなかったんで
だったら自分で作るか!というような感じだったんですよね☆

時間があればそのうち、もうちょいこのランキングの見栄えを良くしようかと思っております☆
[ 2012/11/24 23:04 ] コラム | TB(0) | CM(0)

We Need You - Bruce Hibbard 【90年代以上バラード】

【90年代以上洋楽バラードの名曲】


We Need You


I selected "We Need You"
from 4th album "Heaven's Gold"
of Bruce Hibbard released in 2008.



さて。夕暮れ時がもうすぐ訪れようとしてますね☆


えは。あ、間違えた・・・では!
サンセットミュージックの常連たちのナンバーから選曲します♪


まずは2008年リリースのブルース・ヒバードの4thアルバム
『Heaven's Gold』から「We Need You」をチョイス♪

この曲は珍しく女性ヴォーカルとのデュエットソングなのですが、
お相手のミッシー・ヘイル(とお読みするのかな?)さんという歌手は、
ちょっと知りませんですね。。。

でも。。。
太陽が西の空をかすかにオレンジ色に染めたまま、
その姿を地平の彼方に隠すことでもたらされる
涼しい風を感じたときの心地よさに似て
とても清々しい名曲ですよね♪

まぁ。彼らも決してメジャーではありませんが・・・
メジャーを超えた音楽的なクリエイティビティを、
特にひけらかさない姿勢が大変良い☆



We Need You - ブルース・ヒバード
4thアルバム『Heaven's Gold』 2008年

Build My House - Bruce Hibbard 【90年代以上バラード】

【90年代以上洋楽バラードの名曲】


Build My House


I selected "Build My House"
from 4th album "Heaven's Gold"
of Bruce Hibbard released in 2008.



とりあえずイケるときに記事を更新しまくるのであります☆
ちょっと疲れてきたが・・・



さて。
ボクのサイトでは新しい2008年リリースの
ブルース・ヒバードの4thアルバム『Heaven's Gold』!

このアルバムもそうですが、ブルース・ヒバードの4枚のアルバムは
ホントに良いですねぇ~。。。

まぁ、このブログでも超名盤とされる2ndアルバム『Never Turnin Back』からも
この『Heaven's Gold』からもチョイスしておりますが、実際はアルバムそっくり
「名曲集です!」とご紹介してもいいくらいです☆

まもなく季節は夏を迎え、ぼちぼちドライブミュージック選定に迷い始める時期かと存じます。
まずは御一聴してみてくだされ!
こういうサウンドが似合う夕暮れのシチュエーションってきっとあるハズ☆
きっと彼女は「いいアルバムだね!誰?」
と聞くことでしょう。。。
くれぐれも名前をお忘れなく!!
「ブルース・ヒバードっていう2人組」と答えられるように☆
※ヘヴィな彼女をお持ちの場合、全く参考にはなりませぬ。



Build My House - ブルース・ヒバード
4thアルバム『Heaven's Gold』 2008年

You're So Good To Me - Bruce Hibbard 【80年代AOR】

【80年代洋楽AORの名曲】


You're So Good To Me


おはよう御座います☆
雨の土曜日・・・でも涼しい風が心地よいですね♪

さて。
毎週末恒例のドライブ向けAORサウンドからいきましょう!
ブルース・ヒバード 1980年リリースの2ndアルバム『Never Turnin' Back』 から
リラックスMode全開のライトポップな「You're So Good To Me」をチョイす♪

まぁ・・・
しっとりと路面を濡らす小雨程度ならば似合うナンバーかもしれませんよ☆
※大雨には・・・さすがに不向きですが;;;



You're So Good To Me - ブルース・ヒバード
2ndアルバム『Never Turnin' Back』 1980年
アルバムお勧め度「☆名盤です☆」



Time Waits - Bruce Hibbard 【90年代以降ポップス】

【90年代以降洋楽ポップスの名曲】


Time Waits


1980年の超名盤アルバム『Never Turnin' Back』から20年を経て、
ブルース・ヒバードが2000年にリリースした3rdアルバム『Time Waits』☆

その卓越した音楽センスは衰えるどころか、
上質なワインのように、ますます熟成されておるようですね☆

シチュエーションを選ばず、どんな場所で聴いたとしてもナチュラルに馴染む音。
彼らの音楽って、まさにそういう次元に到達してるのかもしれません。

ではアルバムからワンランク上の上質なメロディセンスを感じさせる
「Time Waits」をチョイす♪


普段は対象年齢的なお勧めの仕方はしませんが、
彼らは現在までに4枚のアルバムしかリリースしてませんので、
特にボクと同世代のアラフォー世代の皆さんには、
この夏のドライブがてら是非とも聴いてみて欲しいアーティストですね☆


Time Waits - ブルース・ヒバード
3rdアルバム『Time Waits』 2000年



You'll Never Let Me Go - Bruce Hibbard 【80年代バラード】

【80年代洋楽バラードの名曲】


You'll Never Let Me Go


たぶん。
もしボクがこのブログを始めなければ、
ずっと押入れのダンボール箱に詰め込まれたまま、
一生聴くことも無かったアルバムが相当数あったろう。

そういう意味で、ボクにとってこのブログは、
封印された過去の思い出を音楽という形で蘇らせてくれたのである。


さて。
ブルース・ヒバードの名盤『Never Turnin' Back』は、
聴けば聴くほどに素晴らしいアルバムだと改めて気付かされる。

同じ時代のAOR系アーティストは、どちらかというとアーバンテイストな
方向性に向かっていくのだが、彼らの音はトレンドに同調せず、
あくまで保守的でローカリゼーションされたサウンドなのである。

このメロウなバラードナンバー「You'll Never Let Me Go」に、
郷愁感を掻き立てられ、思わず泣きそうになってしまうのも、
そうした懐かしさを音楽として封じ込めた名盤だからこそなのだろうなぁ。



You'll Never Let Me Go - ブルース・ヒバード
2ndアルバム『Never Turnin' Back』 1980年
アルバムお勧め度「☆名盤です☆」



Heaven's Gold - Bruce Hibbard 【90年代以降バラード】

【90年代以降洋楽AORの名曲】


Heaven's Gold


1980年にリリースされたアルバム『Never Turnin' Back』 が、
AORの超名盤として語り継がれているBruce Hibbard☆

彼らはこれまでに合計4枚のアルバムをリリースしているが、
2ndの『Never Turnin' Back』をリリースしてから
3rdアルバム『Time Waits』までの期間が実に20年・・・

そしてこの4thアルバム『Heaven's Gold』までが8年。。。
どんだけ~?ってな感じもする。。。

最も彼らの作品がCD化されだしたのが
最近になってからなので、リアルタイムな時間差はさほど感じない。


実際にボクが聴いたことがあるのは、
2ndとこの4thアルバムだけなのだが、
楽曲クオリティにウン十年の時の流れを全く感じさせないということは、
デビュー当時からズバ抜けた音楽センスがあったということでしょうね☆

ではアルバムのタイトルナンバー「Heaven's Gold」をチョイス♪
こちらも初夏にしっくりハマるアダルトコンテンポラリーな逸曲☆





Heaven's Gold - Heavens GoldHeaven's Gold - ブルース・ヒバード
4thアルバム『Heaven's Gold』 2008年
アルバムお勧め度「一度聴いてみたら?」



Never Turnin Back - Bruce Hibbard  【80年代AOR】

【80年代洋楽AORの名曲】


Never Turnin Back


やっぱボクがイメージする「湘南サウンド」って、
どうしたってAOR系、ウエストコースト系、カントリー系、そして
イージーリスニング的な音楽要素が思い浮かんでくる。


ですんで、ちょっとマニア向けの世界に潜り込みます(笑


まずは、AORファンのあいだで評価の高いアーティストものから。。。

「コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック」という
聴きなれないジャンルをやたらと目にするブルース・ヒバード。
要するに「クリスチャンの皆様が聞くために作られる音楽」だそうです。

まぁ、ゴスペルとかもプロテスタント系の教会音楽なんだから、
神聖な賛美歌ばかりとは限りませんわね。


さて。。。
ブルース・ヒバードの2ndアルバム『Never Turnin Back』ですが。。。
相当にコアなAORファンが口々に「AORの最高峰アルバム」だと言っております。
ボクも全くもって「名盤」であることを否定すべき要素は御座いません☆


確かに聴いてみれば「コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック」って
こんなにお洒落なんだ!と感じ入ることでしょう☆

では、まずはオープニングを飾るタイトルナンバー
「Never Turnin Back」をどうぞ♪

イントロの甘いサックス、ライトに刻むリードギター、
全てのパート細部にわたるまでAORアレンジ全開の名曲です☆

「今の季節、湘南ドライブにお勧めのアルバムは?」と聞かれれば、
まぁ、きっとこのアルバムがその答えかもしれませんね☆



Never Turnin Back - ブルース・ヒバード
2ndアルバム『Never Turnin Back』 1980年
アルバムお勧め度「☆名盤です☆」



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。