QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Bobby Caldwell

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Re-Edit】 What You Won't Do For Love - Bobby Caldwell 【70年代AOR】

【70年代洋楽AORの名曲】


What You Won't Do For Love





 1983年1月9日(日)午前1時30分過ぎ

 光の速さは、およそ秒速30万キロメートル――
 たった1秒で地球を7周半もまわれるスピードなのだという。もし星の光が何百年以上もかかってここまで到達しているとするならば、いったい地球とはどれほど距離が離れているのだろうか?

「あの星の輝きは数百年以上も前に放たれたものだ」
 幼い頃、誰かがいっていたそんな話に、この現実世界を大きく飲み込む巨大な宇宙の真実を知ったとき、まるで大海原を漂流しながら漆黒の海の底を覗き見るような思いがして急に怖くなった。美しく光り輝く星空を見上げながら、ボクがはじめて宇宙という存在に抱いた気持ち――
 それは間違いなく、「無限の距離感」というものに対する畏敬の念だったのだろう……

 今年に入ってから、家に帰るとマレンへ贈る曲の歌詞をずっと書き続けていた。けれど中学2年のボクが書く歌詞には、なにひとつとして現実味などは存在しない。特に恋愛の歌詞を書いていると、あまりに言葉が嘘っぽくなってきてしまい、いつも最後まで書き終えることができなかった。作詞用の大学ノートには、僅か数行程度で行き場を失くしたそんな文字たちが、脈略もなく、ただ綴られている――


「いずれにしても明日までにはムリだ」
 しばらく前から、ずっとその作業を中断していたボクは、やがてベッドで横になる。南側の窓には濃蒼色の冬の夜空が広がっていた。隣の家が2階建てに増築されるまで、この星空はもっとはるかに広かったような気がする。
 気圧のせいか、それとも温度差のせいだろうか。

 冬になると、よりいっそう重みを増すガラス窓のアルミフレームを多少の力を込めて少しだけ開け放つ。部屋のなかに一気に吸い込まれてくる、少し甘みのある「冬独特の匂い」を帯びた冷気を、分厚いかけ布団に包まりながら顔に浴びるのが少しだけ心地よかった。そっとリモコンで部屋の灯りを消す。夜空の色に目が慣れ始めると星々はその輝きを増していった――

 昼間、デパートにエレキギターを見に行った帰り、川澄マレンから「歌詞を見せろ」とせがまれた。けれど恋愛系の歌詞だけはどうしても見せられない。たぶん恋愛の歌詞が恥ずかしくて書けないようなヤツらがパンクとかのジャンルにいくのだろう。
 そんなパンク路線でも何曲か作詞に挑んでみたけれど、それはそれであまりにも内容が稚拙だし不自然過ぎた――

 窓の外に向かって、ボクは静かに息を吐き出す。それは最初、夜のなかへとまっすぐ伸びてゆき、次第にタバコの煙のように白く不規則にゆらめきながら、少し向こうの暗闇と溶け合い、やがて消えていった。白い霧状の呼気がカオス的に彷徨い浮遊する様(さま)を眺めながら、ベッドの脇に置いてある腕時計のライトを押す。すでに夜中の2時を少し過ぎていた。
 ボクはベッドに引っかけてあったヘッドフォンを両耳にあて、枕元のカセットデッキの再生ボタンを押す。このところ眠る前によく聴いているのは、ボビー・コールドウェルが1978年にリリースしたデビューアルバム『風のシルエット(What You Won't Do for Love)』。

 こないだ、たまたまイトコの兄貴の部屋で、無造作に散乱するカセットテープの山のなかから見つけだし、なんとなく借りてきたものだ。兄貴の部屋の床は、剥きだしのカセットテープでいつだって埋め尽くされている。きっとどれがなんのアルバムなのかは、もはや本人ですら一度聴いてみなければわからないのだろう。

 このアルバムは1曲目の「スペシャル・トゥ・ミー(Special To Me)」を飛ばし、2曲目の「マイ・フレイム(My Flame)」から聴くことが多い。スローテンポなイントロが流れ始めたことを確認してから首まで毛布を引っ張り上げ、開け放たれていたガラス窓のアルミフレームを左足で蹴るようにしながら閉めた。

 数年前までは、おもいっきり野球ができるくらいに広大な砂場だった家の前の空き地に、かつての思い出の遊び場としての名残りなど、もはやなにひとつも残されていない。

 中学に入る少し前、薄緑色の合成樹脂でコーティングされた格子状のネットフェンスが、家の敷地と空き地との境界線上に張られたことで、そこを自由に行き来することができなくなってしまった。いまや、その格子によって隔絶されたかつての野球場は深々と掘削され、表面に湿り気を滲ませた茶褐色の土肌を、寒空の下、無機質に露呈している。

 その4分の1はすでに砂利が敷かれて駐車場と化し、4分の2が現在、住宅用の造成工事のさなかだ。残された4分の1の空き地には、その掘削工事で掘り起こされた赤黒い残土が山積みとなって固められたままに放置されている。
 いずれ来年になれば、この場所には何軒かの家々が互いに壁をこすリ合わせるようにして並び建つのだろう。かつて、ここがボクらの野球場だったなんてことなど、ボク自身もやがていつかは忘れてしまうのだろうか――

 ついさっきカセットデッキはリバースして、いまは5曲目の「カム・トゥ・ミー(Come To Me)」が流れている。
(この曲って、こないだ兄貴に借りたイーグルスのアルバムあたりに入っていそうだ。きっと「デスペラード」に似てるのかな?)
 この時間にもなれば、うす汚れたガラス窓の向こうには濁り気のない真冬の冷気が目に見えるほどに充満している。なにひとつ物音がしないせいだろうか? 

 ほとんど空気振動のない外側の世界で、その凍てついた冷気は微塵にも揺らがない。ほんの僅かな月明かりだけでも、真空状態のような別世界を向こう側に感じ取れた――

 タイトルナンバーの6曲目「風のシルエット(What You Won't Do For Love)」は、いままで好んで聴いてきたサウンドとは明らかに方向性が違う。もっと極端にいえば、それまで鼻で笑ってきた類いのヌルい音楽といえるのかもしれない。「なんでロック・フリークのイトコの兄貴がこんなアルバム持ってるのだろう?」と、最初に聴いたときには思った。

 まるでそっと指先で触れているだけのような控えめなバックアレンジ。
 もし昼間、この曲を聴いたのならば、こんな感情は絶対に抱かなかったのだろう。けれど、僅か数メートル四方のガラス窓の向こうに広がる、淀みも雑音もすべて凍りついた静寂の世界でならばたしかに通用する音楽だ。

 この街の灯りはさほど明るくないはずなのに、肉眼で見えるのはせいぜい2等星くらいまでだろうか? 冬の夜空のど真ん中にオリオン座を形成しているベテルギウスとリゲル。上辺の左端と、そこから斜めに星座を大きく縦断した右下すみで、鮮やかなシグナルレッドとアリスブルーに光り輝くそのふたつの偉大なる1等星を、街を包む、凍てついた冷気の彼方に見つめながら思う。
(いったいどこで見たんだっけな。まるで重力を無視するかのようにして夜空一面を覆い尽くしていた『凄まじいほどの星の海』を――

 そのとき、たかだか数年しか生きていない人生のなかで「もっとも美しいもの」を見たような気がしたんだ。たしかにそれ以上美しいものを見たことはいまだにない。いずれにせよ、人間がどんなに技術的な進化を遂げたとしても、無限の星空よりも美しい造形物なんて作れやしない。所詮ボクらは、こんなにも小さな有限世界のなかで、僅かな瞬間、そこに存在しているだけに過ぎないのだから……)

 アルバムは、やがて終盤のバラード「テイク・ミー・バック・トゥ・ゼン(Take Me Back To Then)」へと差しかかる。
(この曲も、この時間に聴くとまるで星空に吸い込まれそうな感覚になるな)
 ボクは幼い頃、誰かに聞いた「星の話」を思い出す。
 ふと、ベッドから抜け出しガラス窓をもう一度開け放つ。そして裸足のままで凍りついたベランダへと降りた。

 夜空の南東には、哀しげな三日月が「ぺったり」貼り付けられている。リゲルはすでに家の屋根の少し向こう側へと隠れてしまった。
 けれど、幾重にも光の輪郭を纏ったベテルギウスだけは、夜空を赤く滲ませながら、おおいぬ座のシリウスと、こいぬ座のプロキオンとともに、大きな正三角形を依然としてディープブルーな真冬のキャンバス上に描き続けていた。

 明日から3学期が始まるんだ――


【ALOHA STAR MUSIC DIARY 再編集版より】


【2012.04.29 記事原文】

このところ、ずっと聴きたかったこのゴージャス感満載なイントロ♪

ボビー・コールドウェル1978年リリースの1stアルバム
『What You Won't Do for Love』から、
まさに湾岸あたりのアーバンミッドナイトドライブにビシっとハマるナンバー!
これぞAOR!!な「What You Won't Do For Love」♪

いやいや・・・御懐かしゅう御座います☆






What You Won't Do for Love - Evening Scandal (イヴニング・スキャンダル)
What You Won't Do For Love - ボビー・コールドウェル
1stアルバム『What You Won't Do for Love』 1978年
アルバムお勧め度「☆名盤です☆」



【年末スペシャル☆】 Rakiが選ぶ「未来に残したい洋楽バラードの名曲ベスト100」

Rakiが選んだ「未来に残したい洋楽バラードの名曲ベスト100」


さて。。。
クリスマスまであと1ヶ月となりました☆
ということは間もなく今年も終わろうとしてるのですね・・・
うwww!!はやっ!

ちなみに☆☆☆
ついに当ブログがGoogleとYahooで「洋楽/バラード/名曲」で検索すると
トップページ(7位)に掲載されますです☆☆☆

「洋楽/ダンス/名曲」だとGoogleで6位、
「洋楽/ポップス/名曲」はGoogleで13位くらい!
「洋楽/ロック/名曲」はGoogleで17位くらい!

まぁ。開始から1年で、全てのジャンルでトップページ入りを果たす!
という夢もまんざらではなくなってきたような。。。
でも「名曲」というワードが入ってないと全然ダメです。
ダブル・キーワード程度だとやっぱあと数年は上位ページには入れませんね。

ただ音楽ジャンルを検索する場合「名曲」ってキーワードは結構、出現頻度が高い。
そういう意味で音楽に関してはトリプル・キーワードでもアリかなと思います・・・


※その割りにページランクが上がらないのは
Yだのアフェリだのに外部リンク貼りまくってるせいだろうあぁ。。。
やっぱカスタマイズせねばいかんですね。。。


ということで!!
当ブログで今年ご紹介してきた名曲の中から
ボクが独断で選んだベスト100を総括がてら発表いたします☆
まぁメジャーなナンバーはそこそこランクインしてるはハズなんで
洋楽ビギナーの方々には多少なりとも参考になるかとは存じます☆

上位20曲くらいはボクの好きな曲順に並んでますが
残り80曲については特に順位は関係ありませんですよ・・・


しかしながら・・・
果たしてオールジャンルで100曲づつ選べるかどうかは
ちぃ~とばかし自信がありません。。。スンマソン・・・
※過去記事チェックするのもかなり体力を要します故・・・。。。

とりあえずクリスマスが近いこともあるので
まずは洋楽バラードのベスト100だけはきっちりセレクトしときましょう!!
クリスマスシーズンには極上のバラードが必要ですからねぇ ♪(✿ฺ´∀`✿ฺ)
恋人との素敵なひとときのためにご参照になれば幸いですです☆

あ!失恋系ナンバーも含まれてますので歌詞の内容は無視してくださいね☆

ちなみにリンク先はボクの過去記事へのリンクです。。。
Yへの直リンクではありませんのであしからず・・・


もしかしたらYで削除されてるものもあるかもしれませんので
その場合ご容赦願います☆



「未来に残したい洋楽バラードの名曲ベスト100」

第 1位 The Way We Were - Barbra Streisand 【70年代】
第 2位 Bridge Over Troubled Water - Simon & Garfunkel 【70年代】
第 3位 Just Once - James Ingram 【80年代】
第 4位 Save the Best for Last - Vanessa Williams 【90年代】
第 5位 Where Did We Go Wrong? - The Manhattans 【80年代】
第 6位 Your Song - Elton John 【70年代】
第 7位 We're All Alone - Boz Scaggs 【70年代】
第 8位 Wind Beneath My Wings - Bette Midler 【80年代】
第 9位 Love takes time - Mariah Carey 【90年代】
第10位 Just the Way You Are - Billy Joel 【70年代】

第11位 A Song For You - Leon Russell 【70年代】
第12位 The Water Is Wide - Karla Bonoff 【70年代】
第13位 Didn't We Almost Have It All - Whitney Houston 【80年代】
第14位 I Need To Be In Love - Carpenters 【70年代】
第15位 Somewhere Out There - Linda Ronstadt and James Ingram 【80年代】
第16位 A Whiter Shade of Pale(青い影) - Procol Harum 【60年代】
第17位 I Still Believe - Mariah Carey 【90年代】
第18位 Endless Love - Diana Ross & Lionel Richie 【80年代】
第19位 Almost Paradise - Ann Wilson & Mike Reno 【80年代】
第20位 Nothing Love Can't Do - Bryndle 【90年代】

第21位 Hard To Say I'm Sorry - Chicago 【80年代】
第22位 Beauty And The Beast - Celine Dion & Peabo Bryson 【90年代】
第23位 Alison - Elvis Costello 【70年代】
第24位 All At Once - Whitney Houston 【80年代】
第25位 A Love So Beautiful - Michael Bolton 【90年代】
第26位 Separate Lives - Phil Collins and Marilyn Martin  【80年代】
第27位 Do Me Baby - Prince 【80年代】
第28位 Honesty - Billy Joel 【70年代】
第29位 Still They Ride - Journey 【80年代】
第30位 Still - The Commodores 【70年代】

第31位 Listen - Beyonce 【90年代以上】
第32位 Dilemma - Nelly feat. Kelly Rowland 【90年代以上】
第33位 You Can Have Me Anytime - Boz Scaggs 【80年代】
第34位 Let It Be - The Beatles 【70年代】
第35位 To Be With You - Mr.Big 【90年代】
第36位 You'll Never Let Me Go - Bruce Hibbard 【80年代】
第37位 Beautiful in My Eyes - Joshua Kadison 【90年代】
第38位 Heart Of Mine - Bobby Caldwell 【80年代】
第39位 Nothing's Gonna Change My Love for You - George Benson 【80年代】
第40位 I'll Make Love to You - Boyz II Men 【90年代以上】

第41位 The First Time - Surface 【90年代】
第42位 Bohemian Rhapsody - Queen 【70年代】
第43位 How Am I Supposed To Live Without You - Michael Bolton 【80年代】
第44位 Hey Jude- The Beatles 【60年代】
第45位 Lost In Your Eyes - Debbie Gibson 【80年代】
第46位 One More Try - George Michael 【80年代】
第47位 Company - Rickie Lee Jones 【70年代】
第48位 Against All Odds - Phil Collins 【80年代】
第49位 Last In Love- Nicolette Larson 【70年代】
第50位 Because I Love You - Stevie B 【90年代】

第51位 Stickwitu - The Pussycat Dolls 【90年代以上】
第52位 Wonderful Tonight - Eric Clapton 【70年代】
第53位 Crazy For You - Madonna 【80年代】
第54位 Baby I Love Your Way - Big Mountain 【90年代】
第55位 Sailing - Christopher Cross 【80年代】
第56位 That's What Friends Are For - Dione Warwick & Freands 【80年代】
第57位 If You Leave Me Now - Chicago 【70年代】
第58位 Glory Of Love - Peter Cetera 【80年代】
第59位 She - Gram Parsons 【70年代】
第60位 My One and Only Love - Sting 【ジャズの名曲】

第61位 It Will Be Alright - Airplay 【80年代】
第62位 Falling - Boyz Ⅱ Men 【90年代】
第63位 Love Will Lead You Back - Taylor Dayne 【80年代】
第64位 This I Promise You - 'N Sync 【90年代以上】
第65位 She's Out Of My Life - Michael Jackson 【70年代】
第66位 Rock Wit'cha - Bobby Brown 【80年代】
第67位 All My Life - K-Ci and Jo-Jo 【90年代】
第68位 Baby Come Back - Player 【70年代】
第69位 Miss You Like Crazy - Natalie Cole 【80年代】
第70位 Can you feel the love tonight - Elton John 【90年代】

第71位 A Groovy kind Of Love - Phil Collins 【80年代】
第72位 Tonight, I Celebrate My Love - Peabo Bryson&Roberta Flack 【80年代】
第73位 Tears in Heaven - Eric Clapton 【90年代】
第74位 If I Don't Have You - Orleans 【70年代】
第75位 If - Bread 【70年代】
第76位 I've Never Been To Me - Charlene 【80年代】
第77位 Just When I Needed You Most - Randy VanWarmer 【70年代】
第78位 How Do I Live - LeAnn Rimes 【90年代】
第79位 Next Time I Fall - Peter Cetera& Amy Grant 【80年代】
第80位 Should've Never Let You Go - Neil Sedaka  【80年代】

第81位 You Are Everything - Diana Ross & Marvin Gaye 【70年代】
第82位 Sometimes Love Just Ain't Enough - Patty Smyth & Don Henley 【90年代】
第83位 Right Here Waiting - Richard Marx 【80年代】
第84位 Betcha By Golly, Wow - The Stylistics 【70年代】
第85位 Don't Fall in Love with a Dreamer - Kenny Rogers (with Kim Carnes) 【80年代】
第86位 Take Me Back To Then - Bobby Caldwell 【70年代】
第87位 Stay With Me - Peter Cetera & Bobby Caldwell 【80年代】
第88位 I Guess That's Why they Call it the Blues - Elton John 【80年代】
第89位 Nobody Does it Better - Carly Simon 【70年代】
第90位 In This Life - Collin Raye 【90年代】

第91位 Blowin' In The Wind - Bob Dylan 【60年代】
第92位 Wild Heart Of The Young - Karla Bonoff 【80年代】
第93位 For Your Eyes Only - Sheena Easton 【80年代】
第94位 The Morning After - Maureen McGovern 【70年代】
第95位 I'll Take Care of You - J.D. Souther 【80年代】
第96位 More Than Words - Extreme 【90年代】
第97位 True Colors - Cyndi Lauper 【80年代】
第98位 Falling - Le Blanc & Carr 【70年代】
第99位 Always Gonna Love You - Gary Moore 【80年代】
第100位 The Smile Has Left Your Eyes - Asia 【80年代】



とりあえずダラ~っと100曲並べてみました。。。
お酒のみつつ「しっとり」「まったり」したいときにでもいかがでござんしょう???

変な話ですが・・・
ボクがこのブログを始めたきっかけって「洋楽バラードの名曲を聴きたいなぁ」
と思ってサイト検索してみたんですが、あまり参考になるサイトがなかったんで
だったら自分で作るか!というような感じだったんですよね☆

時間があればそのうち、もうちょいこのランキングの見栄えを良くしようかと思っております☆
[ 2012/11/24 23:04 ] コラム | TB(0) | CM(0)

Stay With Me - Peter Cetera & Bobby Caldwell 【80年代バラード】

【80年代洋楽バラードの名曲】


Stay With Me


1987年に公開された『竹取物語』という邦画は全く覚えていませんが。。。
その映画の主題歌となったピーターセテラとボビー・コールドウェルのデュエットによる
壮大なラブバラード「Stay With Me」をチョイす♪

さて。地道に続けてきたボビー・コールドウェル大先生の名曲紹介も
今回で終了です!!

ボクの20代をともに歩んだ彼の音楽ですが、
今聴いても20年以上の歳月の隔たりを感じることは全くありません。
※多少、音が古い・・・とは思いますケドね。

そして、今後も聴いていきたいアーティストですね☆



Stay With Me - ピーターセテラ & ボビー・コールドウェル
オリジナル・サウンドトラック 「竹取物語」 1987年

Saying It's Over - Bobby Caldwell 【80年代バラード】

【80年代洋楽バラードの名曲】


Saying It's Over


ボビー・コールドウェルが1988年にリリースした
5thアルバム『Heart of Mine』 ☆

まぁ、どの曲も名曲認定できちゃうくらいな名盤AORアルバムですが、
このアルバムの時間的なモチーフって、やっぱ夕暮れから夜にかけての
黄昏時なんだろうと思います。

ですんで昼間に聴いても、どこかしっくり馴染まない訳ですね。

そんなアルバムから80年代風アレンジのメロウなナンバー
「Saying It's Over」をチョイス♪

う~ん・・・やっぱ昼ではない・・・ですね。。。





Saying It's Over - Heart of Mine / Bobby Caldwell (ハート・オブ・マイン)Saying It's Over - ボビー・コールドウェル
5thアルバム『Heart of Mine』 1988年
アルバムお勧め度「☆名盤です☆」



All Or Nothing At All - Bobby Caldwell 【80年代AOR】

【80年代洋楽AORの名曲】


All Or Nothing At All


AORの大御所特集もすっかり時間が空いてしまっております・・・
そんなこんなで、軸をソッチに戻しつつ・・・

80年代最高の一枚だと個人的には感じてる
ボビー・コールドウェルの『Heart of Mine』 から
ベースラインに80年代のアレンジスパイスが効いた
「All Or Nothing At All」をチョイス♪
サビメロが切ないんですよね・・・
なんだろうなぁ?ものすんごく感性をクスグられます。。。☆





All or Nothing At All - Heart of Mine / Bobby Caldwell (ハート・オブ・マイン)All Or Nothing At All - ボビー・コールドウェル
5thアルバム『Heart of Mine』 1988年
アルバムお勧め度「☆名盤です☆」



Real Thing - Bobby Caldwell 【80年代バラード】

【80年代洋楽バラードの名曲】


Real Thing


ようやくボビー・コールドウェル大先生の5thアルバムにたどり着けました(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)
ボビー氏=AORという方程式を決定付けたのは、このアルバムのお陰?です。

以前、ボビー氏を知りたいなら1stアルバム『What You Won't Do for Love』と
この5thアルバム『Heart of Mine』を聴けば良い的なことを書きました。。。
※ん?そこまで断定的には言ってないか???

まぁ、ぶっちゃけ1stとこのアルバムさえ持っていれば、
ボビー・コールドウェルに関してはOKです。
ベスト盤とかも要りません!


ではアルバムから、バブル期の何人もの恋人たちのスイートな時間を演出した
贅沢なバラードナンバー「Real Thing」をどうぞ♪

参った・・・(σ→ˇ∀←)σ♪♫♬





Real Thing - Heart of Mine / Bobby Caldwell (ハート・オブ・マイン)Real Thing - ボビー・コールドウェル
5thアルバム『Heart of Mine』 1988年
アルバムお勧め度「☆名盤です☆」



Never Loved Before - Bobby Caldwell 【80年代AOR】

【70年代洋楽AORの名曲】


Never Loved Before


メディアがこぞって煽り続けた「金環日食」当日の朝。
ボクは、仮眠から目覚めて冷たいコーヒーを少しだけクチに含む。
どうやら快晴ではないようだが、太陽の日差しは幾分感じられるようだ。

では世紀の天体ショーを迎える朝に。

1984年ボビー・コールドウェル大先生がリリースした
4thアルバム『August Moon』 からいきましょう!
しっとりした朝の冷たい空気にFitする
上質なバラードソング「Never Loved Before」をチョイス♪



Never Loved Before - ボビー・コールドウェル
4thアルバム『August Moon』 1984年




Loving You - Bobby Caldwell 【70年代AOR】

【70年代洋楽AORの名曲】


Loving You


さて。ボチボチ時間的にはボビー・コールドウェル大先生の登場です☆
やはりボビー氏の場合、空も街も黄昏てゆく瞬間にマッチします☆


1982年にリリースされた3rdアルバム『Carry On』 から
メロウ&シックなミディアムスローのバラードナンバー「Loving You」をチョイス♪

週末の夕暮れ時は恋人と素敵な音楽でお過ごしくださいませませ☆



Loving You - ボビー・コールドウェル
3rdアルバム『Carry On』 1982年



I Don't Want To Lose Your Love - Bobby Caldwell 【80年代AOR】

【70年代洋楽AORの名曲】


I Don't Want To Lose Your Love


個人的には全く評価が低いボビー・コールドウェルの2ndアルバム
『Cat in the Hat』では御座いますケド。。。

この曲はメチャ好きですね。

この浮遊感がAORと呼ばれるジャンルの楽曲には必要なんですよね♪
では、そんな心地よさを与えてくれるナンバー
「I Don't Want To Lose Your Love」をどうぞ♪

まさに「う~ん初夏!」って感じがしますよね☆





I Don't Want to Lose Your Love - Cat In the Hat (ロマンティック・キャット)I Don't Want To Lose Your Love - ボビー・コールドウェル
2ndアルバム『Cat in the Hat』 1980年



To Know What You've Got - Bobby Caldwell 【80年代AOR】

【80年代洋楽AORの名曲】


To Know What You've Got


AORといえば「ボビー・コールドウェル」か「ボズ・スキャッグス」と言われますケド。。。
実際ボビーさんの場合、2nd&3rd&4thアルバムは、あまり面白くありません。
あくまで1stアルバム『What You Won't Do for Love』 と
5thアルバム『Heart of Mine』がAORの名盤だということですね☆

同様に、ボズさんの場合も7thアルバムの『Silk Degrees』が
AORの名盤だった!ということでしょう☆


まぁ、そんな細かい話はさておいて、
ボビー・コールドウェル 1980年リリースの2ndアルバム『Cat in the Hat』から
イントロギターが80年代のフォリナーっぽいシンプルアレンジなナンバー
「To Know What You've Got」をチョイス♪

However...This album isnt interesting...





To Know What You've Got - Cat In the Hat (ロマンティック・キャット)To Know What You've Got - ボビー・コールドウェル
2ndアルバム『Cat in the Hat』 1980年



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。