QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Bette Midler

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Re-Edit】 Wind Beneath My Wings - Bette Midler 【80年代バラード】

【Re-Edit】【80年代洋楽バラードの名曲】


Wind Beneath My Wings





1983年9月13日(火)


ボクの隣のベンチでは、ミチコが破れた田代の制服を一生懸命縫い合わせている。田代は、ミチコの細い指先を、ただぼんやり見つめていた。

ふと、ショウカが訊ねる。

「あっ、そういえば、メイがいつも一緒に帰ってる車椅子の子って、今日って鎌倉にきてるの?」

メイは一瞬、間をあけて、やがて静かな口調でささやいた。

「ユカはねぇ、結局こなかったの。『同じグループの人に迷惑がかかるから』って、遠慮して」

「ふぅ~ん、そうなんだ。でもさぁ、もしアタシたちと同じルートを、その子が一緒にきてたんなら、ほとんどの場所に行くことができなかったかもね。だって、そもそも鎌倉なんて石段と坂道ばっかだし、それに建長寺の山の上になんて、車椅子じゃ絶対に行けなかったでしょ?」

と、ショウカはさらりといった。メイはなにもいわず、口元に小さな笑みを浮かべた。

(そういえば今年の夏、マキコと盆踊り大会に行った日、寂しそうにメイを待ってたその車椅子の女の子を見かけたな。たしかにショウカのいうとおり、今日、ボクらと同じルートをその子が辿ったとすれば、彼女はほとんどの場所を見てまわることなんてできなかったろう。

もし彼女と一緒なら、きっと段差のないようなお寺ばかりを選ばなきゃいけなくなるんだろうな。――けど、そんな場所なんてあるのか? 京都に修学旅行へ行ったって、たぶん同じことになるんじゃないかな、――彼女は、ちゃんとみんなと一緒に行動できるのだろうか?)

「これでいい?」

ミチコは縫い終えた制服を田代に手渡す。

「あっ、ありがとう」

それを受け取ると、田代が恥ずかしそうにお礼をいった。

ボクは、ふと思い出す。

「あのさぁ、そういえばね、結局、お前がDt中のヤツらに取られた金って、取り返せないままで終わっちゃったじゃん。そう考えると、なんとなくオレって殴られ損な気がするんだけど気のせい?」

相変わらず目つきの悪い視線をボクのほうに向け、田代は、

「あぁ、なんだか悪かったね。意味のない喧嘩をさせてしまって」

と、申し訳なさそうにつぶやく。

するとメイが穏やかな口調で、そんな田代の声をやんわり否定した。

「暴力がいいことだとは思わない。――けどね、ワタシは今日、2人が喧嘩したことに意味がなかったなんて、ぜんぜん思わないの。――ショウカのことを助けるために、そしてミチコの尊厳を守るために、シーナ君も田代君も、たった2人であれだけの人数を相手に戦ってた。『勝てやしないかもしれない』っていう、怯えた素振りなんていっさい見せず、誰かのことを、……その誰かが持ってるものを守るため、必死になって戦っていたことに意味がないわけなんてない。お金を失ってしまうことよりも、遥(はる)かに大切なものをね、きっと2人は守ろうとしたんだと思う」

ボクは、メイの横顔に目を向ける。

田代はしばらくうつむいていたが、やがて顔をあげ、ミチコを見つめた。

「小山さん、――いままでなにもしてあげられなくて本当にゴメンね。……小学校のときから小山さんがイジメられてるのを毎日ずっと見てきたくせに、ボクにはキミを助けてあげることができなかった。……自分を守ることばかりで精一杯だったんだ。だけどね、自分では絶対にできないだろうなって決めつけていたことを、やってみたら今日、ボクにはできたんだよ。――なんで、いままでそれをしなかったんだろうって、思うけど」

そういうと田代はボクのほうへと目を向け、さらに語り続けた。

「ボク、ようやくわかったんだよ。――『ずっとひとりだったから、なにもできなかったんだ』ってことを。……でも、さっきシーナがたったひとり一緒にいてくれただけで、ものすごい勇気を得ることができたんだ。不思議なくらい安心できたんだ。――

ボクはもう、来月にはこの学校から転校してしまうけど、でも、ここにいるみんなは、これからもキミと一緒にいてくれるんだって、なんだかボクは信じられるんだ。今日、みんなと一緒にいて、なんとなくそう思えたんだよ。だからキミにもね、勇気を持って欲しい。難しいことかもしれないけれど、……いままでの自分を大きく変えていこうとするための勇気を、小山さんにも持って欲しいんだよ」

ミチコは黙ったまま、つぶらな瞳で田代が吐き落としてゆく言葉を見つめ続けていた。

静かに暮れる秋空を覆った葉々の透き間からこぼれ落ちてく、まばらな陽射しを浴びながら、メイは瞳をうっすら細め、静かに唇を動かした。

「大丈夫、きっとミチコは変わっていける。――アナタの心の優しさが、やがていろんな人の優しさを引き寄せていくんだと思う。さっきミチコも感じたでしょ? ずっと感じることさえも許されなかった希望を、ふたたび抱かせてくれる優しさが、すぐそばにあったんだってことを、――田代君たちがね、さっき守ってくれたんだよ。――きっとアナタが失くしかけていた、幸せを願おうとする心、そのものをね」

ミチコは、天然カールの黒髪に西陽をほんのり浮かびあがらせ、小さく頷き、そっと指先で涙を押さえた。――
ボクは、田代の肩を指で突っつき、笑いながらいった。

「やっぱ、いいヤツなんじゃん。お前って。――でもさぁ、ちゃんと返せよな。オレが貸した2000円は! オレはお前や林さんとは違って、金持ちのボンボンなんかじゃねぇんだからな」

口元を微笑ませ、田代は小さく頷いた。そしてつぶやく。

「さっき半増坊でアイツらと喧嘩し終えたあと、李さんのいってたことが、なんとなくボクにもわかるような気がする。シーナ、――お前はさぁ、たぶん、誰かが心に隠し持つ、本当の顔に気づいてやることができる人なんだと思う。そして、その誰かが本当に苦しんでるときは、絶対その人のために、なにかをしようとするヤツなんだろうってね」



【ALOHA STAR MUSIC DIARY / Extra Edition】



【2012.03.21 記事原文】

女優としても高い評価を受けているベット・ミドラー。
彼女が出演した映画『フォーエバー・フレンズ』のエンディング曲
「Wind Beneath My Wings」です。


映画の一番ラストで、親友と出会った頃に2人で撮った写真が映るのだが…
いやいや。。。泣けました。。。






Wind Beneath My Wings - The Best BetteWind Beneath My Wings - ベット・ミドラー
サウンドトラック『Beaches: Original Soundtrack』 1988年

From A Distance - Bette Midler 【90年代バラード】

【90年代洋楽バラードの名曲】


From A Distance





I selected "From A Distance"
from 7th album "Some People's Lives"
of Bette Midler released in 1990.



1990年の洋楽ヒットチャートから


素晴らしい女優にして最高のシンガーであるベット・ミドラー女史☆

特に 彼女がリリースするバラードナンバーには
心が揺さぶられるような感動をいつも覚えます。。。

なぜか自然と涙が流れそうになるくらい
超傑作と呼べる作品が多いんですよ♪

※歌詞もすんごく素晴らしいですね☆


そんな中から!
1990年にリリースされ ビルボードのシングルチャートで
最高2位を獲得した90年代を代表する究極系バラードの
「From a Distance」をチョイス♪

女性SSWのジュリー・ゴールドさんが1985年にライティングしたナンバーを
ベット・ミドラーさんがカヴァーしたこの曲は
1991年のグラミー賞で「最優秀楽曲」賞を受賞いたしました☆


" 遠くから見れば 世界は幸せそうに見える・・・ "


ものすごく優しいメロディに乗せて
世界平和を綴った美しいバラードっす♪

まさに神曲!!紛れも無く未来に残すべき名曲でしょうな☆☆☆




From a Distance - Some People's LivesFrom A Distance - ベット・ミドラー
7thアルバム『Some People's Lives』 1990年


The Rose - Bette Midler 【80年代バラード】

【80年代洋楽バラードの名曲】


The Rose





I selected "The Rose"
from Soundtrack album "The Rose"
of Bette Midler released in 1979.



1980年の洋楽ヒットチャートから


自身が主演する映画の主題歌を映画以上?に大ヒットさせる能力を持っていたのは、
バーブラ・ストライサンド&ベット・ミドラーのお二人でしょう☆

しかもそれらの主題歌がアカデミーやグラミーを受賞してるあたり、
彼女たちが単なるアクトレスではなく偉大なシンガーであることを
裏付けているので御座います☆

さて。
まだ新人女優のベット・ミドラー女史が主役を演じた映画『The Rose』☆
これはジャニスをモデルにしたという何とも救われない
すんごく切ない映画でしたねぇ・・・
※でもさすがにジャニスはここまでの超人気スターではありませんでしたが;;;


音楽にも恋愛に対しても非常にピュアな主人公。
シンガーとしての人気が過剰なまでに上昇すると同時に
休みすらロクに取れない過密スケジュールに追われる日々・・・

そんな閉塞感から解放してくれる「何か」にすがろうとする彼女にとって
それが恋愛であり、またアルコールやドラッグであった訳ですね。
う~ん・・・どこかの某人気アイドルグループの現状と重なりますな。。。

精神も肉体もボロボロになり、最後のステージでローズが倒れるシーンは
感動というよりもあまりに哀れで観ていられませんでした。


さて主題歌となった「The Rose」です☆

すでにかなり多くの音楽ブロガーが紹介してるであろうこの曲・・・
まぁ別に映画を知らなくても単品で十分に名曲なんですが、
圧倒的に救われない映画のエンディングにこの曲を聴くと、
それまで締め付けられていた感情が一気に緩み、
ついでに涙腺も緩み、思わずググっと涙がこみ上げてくる・・・

映画の内容と歌詞がリンクしてるからこそ、
余計に泣けてしまうんでしょうケドね☆


そう。雰囲気ではなくってこの曲はちゃんと歌詞を知るべき洋楽曲なのです☆
歌詞を読みつつ、少し音量を上げてこの曲を聴く。
きっとそれまで何気なく聞き流していたときとは違った気持ちになりませんか?



余談ですが・・・
あの眼鏡掛けてぽっちゃりしたアイドルグループの仕掛け人もちゃんと言うべきだろう。
「君たちは人間ではなくて商材なんだから人間としての感情は持ってはならない」と。

最初は分かったつもりでいても結局人間ってボクらが思ってるほど
そんな強い生物ではないですからね。。。
洗脳や催眠術の効果が薄れてしまえばアイドルもただの普通の女の子だろうに・・・





The Rose - The Rose (The Original Soundtrack Recording)The Rose - ベット・ミドラー 
オリジナルサウンドトラック『The Rose』 1979年

Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。