QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Bee Gees

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Re-edit】 Melody Fair - Bee Gees 【70年代ポップス】

【Re-edit】 【70年代洋楽ポップスの名曲】


Melody Fair






1983年8月7日(土)


2週間前、――
あの鎌倉の海岸で、ボクは川澄マレンと別れた。いや、きっと正確にいうならば、いったんボクたちは別れたんだ。

あの日、大きな瞳を涙で潤ませながら、マレンはボクを見つめて最後にいった。
「――いままでぜんぜんカミュちゃんの気持ちなんて考えてこなかった。勝手にカミュちゃんもアタシと同じ気持ちなんだろうなって思ってた。――ごめんね。だからカミュちゃんの気持ちが、もしアタシとはぜんぜん違うんならば、もう迷惑をかけるのはやめるよ。だからカミュちゃんとは、……お母さんが元気になるまでは、とりあえずもう会わない。――」
って、――。

それからすぐ夏休みに入ったけれど、この一週間、ボクは二階の部屋からは一歩も出ていない。開け放たれた南側の窓からは蝉たちの輪唱が、絶え間なくベッドの上へと降り注ぐ。こないだまではうるさくて、とても昼寝なんてしてられなかったけど、だんだんボクはその鳴き声にも慣れはじめてきている。――

よく聴けば、そこには3種類くらいの泣き声が混じっていた。
「ジィー」と、高圧電流が放電するかのように、絶えず一定のノイズを発しているアブラゼミ、潰れたサイレンのように「ヴィーン、ヴィンヴィン」とアクセントをつけて、その鳴き声を変化させるミンミンゼミ、抑揚のある鈴の音のような高音を鳴り響かすヒグラシ。――ボクはベッドの上で天井を見上げ、盛夏がふたたびこの街に訪れたんだということを、そんな蝉たちが震わせ続ける湿った空気のなかに知る。


――まだ中学2年だった去年の夏、マレンがはじめて、このボクの部屋へ遊びにきたとき。
北側の窓の向こうに広がる広大な雑木林を指で差し、ボクは彼女をからかった。

「そういえばさぁ、こないだ窓のとこにリスがきてね、松の実をカジってたんだよ」
なんでそんな嘘をついたのかよく覚えてないけど、とにかくそんなつくり話をしてしまったんだ。

たちまちマレンは、大きな薄茶色の瞳を輝かせ、
「えぇっ! リスがいるの? アタシもリス見たい」
そういって、北側の窓のほうへ歩いていくと窓のフレームにひじをつき、雑木林のほうを眺めはじめる。

てっきり少し時間が経てば諦めるもんだとばかり思ってたけど、彼女は一向にその場を離れようとはしなかった。やがてボクの心に、だんだんと罪悪感が芽生えていった。――けれど、どうしても「ウソだよ」と、そのときマレンの背中にに告げることができなかった。

しばらくしてから、マレンは、ボクのほうを振り返ると、
「窓のとこにさぁ、松の実を置いとけば、リスくるかなぁ」
嬉しそうに、そう訊ねてきた。ボクは、「どうかねぇ?」と、ひと言だけ答える。
やはり、どうしても「嘘だった」と彼女にはいえなかったんだ。――

気づけば、どうやらさっきからFM番組では「ビージーズ特集」をやっている。
ずっと「恋のナイト・フィーバー(Night Fever)」や「ステイン・アライヴ(Stayin' Alive )」などのディスコナンバーが立て続けにかかっていたが、CMがあけると同時に「ラブ・ユー・インサイド・アウト(Love You Inside Out)」の、シックなイントロが流れはじめる。

この曲は、ボクが小学校の頃、なにかのテレビコマーシャルで使用されていたんだけど、なんだかメロディがものすごくカッコよく思えて、この曲が収録されたアルバム『スピリッツ ハヴィング フロウン(Spirits Having Flown)』をしばらくしてから買ったんだ。まぁ親に買ってもらったんだけど。でも、考えてみれば、ボクが小学校時代に自分で買った洋楽作品って、たぶんこのアルバムくらいだったと思う。

――マレンは、相変わらず窓の向こうを眺めている。
膨らんでゆく小さな罪の意識を抱えたまま、ボクはただ、彼女の背中を見つめていた。
奇跡でもいいから、リスが現れてくれることをずっと心で願い続けながら。……

やがて、マレンはふたたびボクのほうを振り返り、少しだけがっかりした様子でつぶやいた。
「もしかしたらさぁ、まだ暑いから出てこないかもね。リスちゃん、――」
ボクはソファから立ち上がり、彼女のひじのあたりをそっと引っ張った。驚いたマレンの瞳のなかに、ボクは言葉を投げかける。

「じゃぁさぁ。いまから北口のペットショップ見に行こうか? リスは売ってないかもしれないけど、たしか、うさぎとかハムスターは売ってたでしょ?」

すると、マレンはふたたび、その大きな瞳を輝かせる。
「うん! 行きたい!」

ボクがステレオのアンプの電源を消そうとしたとき、スピーカーから映画『小さな恋のメロディ』の主題歌、「メロディ・フェア(Melody Fair)」が流れはじめた。

「あぁ、アタシこの曲知ってるよ。すごく可愛い曲だよね」
そういって、マレンが笑った。

ボクはアンプの電源を押す手を止めて、床の上へと座り込む。
気づけば、マレンもボクの左側にひざを斜めにして座り、横目でボクを見つめた。
やがて「メロディ・フェア」がゆるやかにフェードアウトしていったとき、窓の外で蝉たちが大きな声で鳴いていることにボクはようやく気がついた。――

去年マレンが、いもしないリスの姿をずっと探していた北側の窓のほうに目を向ける。
あの日の小さな嘘は、きっとボクがマレンについたはじめての嘘で、……先月、鎌倉の海で吐き出した言葉のすべては、間違いなくボクがマレンに告げた最後の嘘、――ボクと彼女、2人ともを同時に哀しませ、そして苦しませ続ける、どちらにとってもなんら意味のない、もっとも愚かしい嘘だった。



【ALOHA STAR MUSIC DIARY / Extra Edition】



【2012.03.23 記事原文】
さて。
何だかんだ言っても、ビージーズといえばこの曲でしょう!
1971年公開映画『小さな恋のメロディ』の主題歌「Melody Fair」♪

アレンジ変えたら、ものすごくサイケな曲になりそうだが、
まぁ名曲に間違いない!


そんなこんなでビージーズは、この辺で…






Melody Fair - ビージーズ
オリジナルサウンドトラック『Melody (小さな恋のメロディ)』 1971年


2

Fanny (Be Tender With My Love) - Bee Gees 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


Fanny (Be Tender With My Love)  






I selected "Fanny (Be Tender With My Love)"
from album "Main Course"
of Bee Gees released in 1975.



1976年の洋楽ヒットチャートから


ギブ3兄弟によるヴォーカルグループであるビージーズ☆

コーラス系ポップスからディスコグルーヴへと向かって行く
彼らの音楽的転機となった1975年にリリースのアルバム
『Main Course』からの3rdカットシングル☆

1976年のビルボード シングルチャートで最高12位となった
ミディアムスローのソウルバラード
「Fanny (Be Tender With My Love)」をチョイス♪

温かみのある主メロに対して どこか儚げでメランコリックなサビフレーズが
最初は小さく部分的に挿入され やがて曲が展開していくに従って
徐々に膨らんでいきながら エンディングの圧倒的なパフォーマンスへと昇華していく。

最後にスパークする兄貴のファルセットが圧巻っす・・・☆

個人的には 最近紹介した洋楽ナンバーでは一番ググっと来ましたわ♪


ドラマティックな演出に満ちた すんごく切ないバラードっすね・・・
メロディとリズムは従来のバラードソングよりもアップめなのに
なんで聴き終わったときに こんなにもセンチメンタルな気持ちになるんでしょうかねぇ?

まさに 儚くも哀しき" 愛の賛歌 "なのでござんす☆


しかし・・・
このCDってAmaでの価格が\582ってなっとりますけど・・・
決してそんな" チープ "な内容じゃぁないんですけどねぇ。。。




Fanny (Be Tender With My Love) - Main CourseFanny (Be Tender With My Love) - ビージーズ
アルバム『Main Course』 1975年

You Should Be Dancing - The Bee Gees 【70年代ダンス】

【70年代洋楽ダンスの名曲】


You Should Be Dancing





I selected "You Should Be Dancing"
from album "Children of the World"
of The Bee Gees released in 1976.



1976年の洋楽ヒットチャートから


さて!いよいよ70年代の年間ヒットチャートからの名曲紹介も1976年に突入です☆

まずはこの方々のナンバーからセレクトしましょう♪
ギブ3兄弟によるヴォーカルグループであるビージーズ☆

1975年リリースのアルバム『Main Course』で
ディスコ系サウンドへイメチェンを果たした彼らが
その流れを因襲し1976年に発表したのが『Children of the World』♪

まぁイケイケなナンバーがズラリと並んだ
まさに70's中期におけるダンス系アルバムの最高傑作でしょうねぇ☆


ほんでもってアルバム収録のリードトラック「You Should Be Dancing」は
ビルボードのシングルチャートでNo.1をGetします☆

ラテン系でハイテンションなアレンジのリズムラインと
次世代ツールであるシンセサイザーが程よくブレンドされた
ハイブリッドなダンスサウンドです☆
※無論 この当時は・・・ということですけどね(笑


以前も書いたんですけどね。。。
彼らが本当にやりたい音楽が 果たしてコッチの路線だったかは判りません。
でもまぁ ここまでクオリティの高いサウンドを聴かされたら
ま。どうでもいいか!という気分にはなりますわいな☆




You Should Be Dancing - Number OnesYou Should Be Dancing - ビージーズ
アルバム『Children of the World』 1976年
アルバムお勧め度「持っていても良いでしょう」

Jive Talkin' - Bee Gees 【70年代ダンス】

【70年代洋楽ダンスの名曲】


Jive Talkin'





I selected "Jive Talkin'"
from album "Main Course"
of Bee Gees released in 1975.



1975年の洋楽ヒットチャートから


ギブ3兄弟によるヴォーカルグループであるビージーズ☆

まぁ当ブログでも再三登場しておりますけど・・・
実際彼らが世界的にブレイクするのは1977年の映画
『サタデー・ナイト・フィーバー』の音楽を手掛けて以降でしょう。

60年代初期のデビュー以降 爽やかメロウなナンバーを得意としてきた彼らですが
徐々にマンネリ化し ヒットチャートからも姿を消していくのでした・・・

しかし70年代中期から巻き起こる空前のディスコブームにいち早く反応し
ガラリとサウンドイメージを変えたのが1975年にリリースの「Jive Talkin」☆

このシンセ・ベースっぽい音色は
当時としてはまさに最先端の音だったんでしょうねぇ♪
さらにチャイニーズ風シンセサイザーのフレーズも斬新☆

この曲で久々にビルボード シングルチャートでNo.1を獲得した彼らは
勢いそのままに1977年のアルバム「Saturday Night Fever」を大ヒットさせたことで
「ディスコソングの雄」としての称号を世界中で与えられることになるんですね☆

まぁ彼らが本当にこの路線をやりたかったかどうかは不明ですが・・・




Jive Talkin' - Main CourseJive Talkin' - ビージーズ
アルバム『Main Course』 1975年

Too Much Heaven - Bee Gees 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


Too Much Heaven





せっかくビー・ジーズの15thアルバム『Spirits Having Flown』の話が出たんで、
このアルバムからの名曲チョイス♪

mmm?このアルバムって初の全米、全英チャートNo.1作品みたいすね。
もっと売れてるかと思ってましたが・・・☆

以前、「Love You Inside Out」は紹介しましたんで、
コーラスワークの美しさが際立つ「Too Much Heaven」をチョイス♪


この曲は間違いなく夕暮れドライブ向けでしょう(笑
ん?でも今って曇ってるのか???


ちなみに。。。この三人で誰がファルセットヴォイスなのか知ってましたか?
ボクは、最近まで知りませんでした・・・
pv観て、イントロ中に誰が声高いのか当ててみてください☆


ps:最近YのPV埋め込むときに高さの数値イジるとエラーになる・・・
デフォルトの比率だと全然スマート感がないのになぁ・・・





Too Much Heaven - Spirits Having FlownToo Much Heaven - Bee Gees 
15thアルバム『Spirits Having Flown』 1979年



The Light Is On - Christopher Cross 【70年代AOR】

【70年代洋楽AORの名曲】


The Light Is On


ボクが小学校6年のとき、隣(だったかな?)に座ってる某女の子がおりまして。。。
彼女が聴いてたのが、このクリストファー・クロスの1stアルバム。
そしてボクが聴いてたのがBee Geesの『Spirits Having Flown』☆

互いにカセットを貸し合っては、音楽談義に花を咲かせてた?ものです。。。
今考えれば、なかなかなイカした二人だったかな。と

では、そんな思い出深いクリストファー・クロス1979年リリースの
1stアルバム『Christopher Cross』 から抑え気味のギターが程よく効いた
ミディアムスローなお洒落ナンバー「The Light Is On」をチョイス♪


この曲は、雨の首都高あたりにハマる気がします☆


懐かしいなぁ。。。ん?女の子の名前って何だったけかな???
う~ん・・・さすがに、もう出てきませんね・・・





The Light Is On - Christopher CrossThe Light Is On - クリストファー・クロス
1stアルバム『Christopher Cross』 1979年



Love You Inside Out - Bee Gees 【70年代ポップス】

【70年代洋楽ポップスの名曲】


Love You Inside Out


さて、せっかくなんで、もうちょいビージーズを続けます。
ボクが小学校6年のとき、ウォークマンを買ってもらって、
一番最初に買ったアルバム(カセット)がアラベスク。


で、2番目に買ったのが、
実は何とビージーズの
『Spirits Having Flown』。。。


まぁ、CMの影響もあったんだろうが
「Love You Inside Out」
が超カッコよかったもので。。。



リードがファルセットし続ける(つうかファルセットのみ)
あたりは、初期プリンスにも通じるものがある!!


アルバムとしては、今聴いてもアダルトコンテンポラリーな
お洒落な曲が多いのでまぁ名盤でしょうね。
なにせ、自分のお小遣いで2番目に買ったアルバムですから(笑





Love You Inside Out - Spirits Having FlownLove You Inside Out - ビージーズ
アルバム『Spirits Having Flown』 1979年
アルバムお薦め度「個人的には名盤です☆」



Night Fever - Bee Gees 【70年代ダンス】

【70年代洋楽ダンスの名曲】


Night Fever


1977年に、日本でもディスコブームを巻き起こした映画
『サタデー・ナイト・フィーバー』!

まぁ『Stayin' Alive』の前編にあたる映画なのですが。。。


ビージーズの知名度を一躍世界中に轟かせたのが、
テーマ曲となった「Night Fever」♪
サウンドトラックアルバムとしては驚異のセールスを記録!!


いずれにせよ。。。
たぶん「フィーバー」という言葉をはじめて聞いたのが、
このタイトルだったであろう。。。





恋のナイト・フィーバー - サタデー・ナイト・フィーバー
Night Fever - ビージーズ
オリジナルサウンドトラック『Saturday Night Fever』 1977年



Stayin' Alive - Bee Gees 【70年代ダンス】

【70年代洋楽ダンスの名曲】


Stayin' Alive


オリビア繋がりで。。。
映画『グリース』にてオリビアと競演したジョン・トラボルタ!

まずは、1983年主演の映画『ステイン・アライブ』から
ビージーズが歌うタイトルソングの「Stayin' Alive」を♪


※まぁこの曲は、前作?『サタデー・ナイト・フィーバー』
に収録されていたので、1978年のヒット曲である。。。


グルーヴィーなミドルテンポのファンクアレンジに絶妙なコーラスワークがクールです!





ステイン・アライヴ - サタデー・ナイト・フィーバーStayin' Alive - ビージーズ
オリジナルサウンドトラック『サタデー・ナイト・フィーバー』 1977年



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。