QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Barbra Streisand

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Re-Edit】 The Way We Were - Barbra Streisand 【70年代バラード】

【Re-Edit】【70年代洋楽バラードの名曲】


The Way We Were





1983年9月13日(火)

北鎌倉の駅は想像以上にひなびていた。下りホームの狭い改札口を出てから線路に沿ってしばらく行くと、やがて深い緑の杜に覆われた円覚寺の石段が見えてくる。――

きのうは、ずっと一日中天気が悪かったけれど、ふと見上げてみれば鎌倉の空は青く澄み、見事なまでに晴れ渡っている。この一週間、天候はずっと不安定で、夜には必ずといっていいほど雨が降っていたんだ。

その雨のせいかもしれないけれど、空気は打ち水をされたようにひんやり冷やされ、巨大樹の影に頭上を覆われたボクたちは、ほんの少し前まで、そこらじゅうに夏があったことなんてすっかり忘れてしまっていた。

そういえば今朝、通勤時間帯を少しずらし、ウチの3年の生徒全員が一斉に地元の駅へ集合したとき、正直、「こんなすごい人数で電車に乗るのか?」と、その光景におもわず笑ってしまう。ひとクラス40人程度で、12クラスもあるのだから、それだけでも単純計算で400人以上にはなるだろう。

さすがに学校側も配慮したようで、先に奇数のクラスがホームのほうへと移動していく。ボクたちは偶数クラスだったので、次発の電車をコンコースで待つことになる。それでもまだ200人以上の生徒たちが、乗客たちの行く手を塞ぐように至るところで固まってたので、改札口のあたりが、だんだんと混雑していく。教師たちは、慌てて壁際に四列で並ぶよう大声で指示してたけど、ボクはそんな言葉を無視し、空いてる券売機のあたりにひとりで座り込み、そんなふうに生徒たちが渋々、並ばされていくのを眺めてたんだ。

すると、その生徒たちのなかから林ショウカが笑って近づいてくる。

彼女はボクの隣で、券売機に背中を寄り添わせながら、

「シーナ君ってさぁ、『ホワイト・クラッシュ』に入ってるの?」

と、しゃがみ込むボクを見下ろし訊いてきた。

「いや、前に何度かメンバーと遊んだ程度だけどね」

と、ボクは改札口のほうを見つめながらつぶやく。

「ふ~ん。でもさぁ、2年のとき、なんかのチーム作ってたんでしょ?こないだ小学校のときの友達がいってたけど、このへんの暴走族とかヤンキーたちのあいだでは、すんごい有名なんだってね、シーナ君たちのチームって」

ショウカは、そういうと口元にえくぼを浮かべ、ボクの隣に座り込んだ。

「チーム?あぁ、あんなの、ただの帰宅部だよ」

彼女のほうを横目で見ながらそういって少し笑い、ボクは壁際に並ばされた生徒たちのなかに、李メイの姿を探す。先頭から数列うしろに佇むメイを見つけたとき、彼女も一瞬、涼しげな眼差しでボクのほうを見つめた。

「じゃぁ、そろそろ移動するぞ!」

やがて教師のひとりがそういうと、生徒たちは、ざわつきながら動きはじめる。

全体の生徒数が半分になったとはいえ、その電車内は、いきなり、すし詰め状態となる。それが故意ではないにせよ、カーブなどで車両が傾いたときや、停車時の減速でブレーキがかかるたびに、隣でうつむく李メイの肩口に、時折ボクの左肩や胸のあたりが触れてしまう。

まぁ、右側に立つ林ショウカとも多少は触れ合ってはいたけれど、メイをこれほどまでに間近で感じている事実のほうが、遥かにボクを緊張させた。本当は、電車のなかで少しだけメイと話してみたかったのだけれど、とてもじゃないが、この至近距離で彼女との会話を成立させることなんて不可能だ。

なんとなく、そんな状況に息苦しさを感じはじめたボクは、制服のポケットからウォークマンを取り出すと、ヘッドフォンを耳にあてる。なかには、かつてボクがマレンへ曲をつくろうと思ったとき、いろいろなアルバムからバラードナンバーばかりを集めてダビングしたカセットが入っていた。――おもむろに再生ボタンを押す。しばらくするとバーブラ・ストライサンドが映画『追憶』で歌った「追憶(TheWayWeWere)」の、ピアノの旋律に儚(はかな)いハミングが重なりはじめた。

実際は、すでに相当数のグループが、どうやら藤沢から江ノ電に乗るルートを選択していたらしくって、大船駅で横須賀線に乗り換えたのは、さっきまで地元駅のコンコースを埋め尽くしていた生徒全体の、約3分の1程度まで減っていたように思う。――



【ALOHA STAR MUSIC DIARY / Extra Edition】



【2012.03.15 記事原文】

ん?確か、これもネスカフェのCMソングだったよなぁ?
※ネスレって何者???


まぁとりあえず。。。
バーブラ・ストライサンドが映画『追憶』で歌った
泣けるほど美しいメロディ「The Way We Were」をどうぞ♪
ビルボードの1974年シングル年間ランキングで1位となった名曲中の名曲です!



『追憶』は実~に深くて切ない話でしたね!
※何十年か振りに、また観たくなってきた…
ディスカスでレンタルしてるかな??


しかし…レッドフォードが、あまりにもカッコ良すぎた覚えがある。。。



もし、こんなにも余韻の残るメロディが映画のエンディングに流れたら、
どんな駄作でも泣けてきそう。。。






The Way We Were - The Essential Barbra Streisand
The Way We Were - バーブラ・ストライサンド
オリジナル・サウンドトラック『The Way We Were(追憶)』 1974年 



Comin' In And Out Of Your Life - Barbra Streisand 【80年代バラード】

【80年代洋楽バラードの名曲】


Comin' In And Out Of Your Life





I selected "Comin' In And Out Of Your Life"
from Best album "Memories"
of Barbra Streisand released in 1981.



1982年の洋楽ヒットチャートから


バーブラ・ストライサンドさんに関しては
当ブログでも再三登場してますんで寸評はパスします☆

実際 彼女の作品でボクが持ってたアルバムは
1980年リリースの『Guilty』と1981年リリースのベスト(かな?)
アルバム『Memories』の2枚でしたかねぇ。。。

アルバム『Memories』は 当時どうしても聴きたかった「The Way We Were
が収録されてたんで買ったんですがねぇ。。。
他の楽曲構成もバラードを中心にセレクトされた
実に侮れない一枚なのでござんす☆

このアルバムは全米だけでも5×プラチナを獲得し
全世界でトータル1000万枚超えセールスを記録いたしました☆


では!そんな彼女のベストアルバムに新曲として収録されて
1982年のビルボード シングルチャートで最高24位のスマッシュヒットとなった
エレガントなバラードナンバー「Comin' In And Out Of Your Life」をチョイス♪

彼女のバラードって やっぱ何となく
映画のエンディングっぽいのが多いですね☆




Comin' In and Out of Your Life - The Essential Barbra StreisandComin' In And Out Of Your Life - バーブラ・ストライサンド
ベスト盤『Memories』 1981年

What Kind of Fool - Barbra Streisand & Barry Gibb 【80年代バラード】

【80年代洋楽バラードの名曲】


What Kind of Fool





I selected "What Kind of Fool "
from album "Guilty"
of Barbra Streisand released in 1980.



1981年の洋楽ヒットチャートから


さて。
ボクが選んだ「未来に残したい洋楽バラードの名曲ベスト100」で
No.1になったのがバーブラ・ストライサンド女史の「The Way We Were」☆

曲自体は短いんですが、希望と哀しみがシンクロするメロディの荘厳なる美しさは
やはりあらゆるバラードの中でダントツだろうなぁと思う訳なのです。

そんなバーブラさんですが。。。
クリスマスにちなんだアルバムや楽曲もそこそこありますが
ビージーズのバリー・ギブ氏プロデュースによる1980年リリースのアルバム
『Guilty』こそクリスマスに聴くのに最適な1枚なのかも?と感じます☆

ドイツを除く主要欧米各国のアルバムチャートでNo.1を獲得した
(なぜにジャーマニーは・・・KYなんだ!)名盤で御座います☆

では!アルバムから
バリー・ギブ氏とのデュエットでビルボードチャート最高10位となった
意味深タイトルのバラードナンバー「What Kind of Fool」をチョイス☆




What Kind of Fool (Duet With Barry Gibb) - GuiltyWhat Kind of Fool - バーブラ・ストライサンド&バリー・ギブ 
アルバム『Guilty』 1980年

【年末スペシャル☆】 Rakiが選ぶ「未来に残したい洋楽バラードの名曲ベスト100」

Rakiが選んだ「未来に残したい洋楽バラードの名曲ベスト100」


さて。。。
クリスマスまであと1ヶ月となりました☆
ということは間もなく今年も終わろうとしてるのですね・・・
うwww!!はやっ!

ちなみに☆☆☆
ついに当ブログがGoogleとYahooで「洋楽/バラード/名曲」で検索すると
トップページ(7位)に掲載されますです☆☆☆

「洋楽/ダンス/名曲」だとGoogleで6位、
「洋楽/ポップス/名曲」はGoogleで13位くらい!
「洋楽/ロック/名曲」はGoogleで17位くらい!

まぁ。開始から1年で、全てのジャンルでトップページ入りを果たす!
という夢もまんざらではなくなってきたような。。。
でも「名曲」というワードが入ってないと全然ダメです。
ダブル・キーワード程度だとやっぱあと数年は上位ページには入れませんね。

ただ音楽ジャンルを検索する場合「名曲」ってキーワードは結構、出現頻度が高い。
そういう意味で音楽に関してはトリプル・キーワードでもアリかなと思います・・・


※その割りにページランクが上がらないのは
Yだのアフェリだのに外部リンク貼りまくってるせいだろうあぁ。。。
やっぱカスタマイズせねばいかんですね。。。


ということで!!
当ブログで今年ご紹介してきた名曲の中から
ボクが独断で選んだベスト100を総括がてら発表いたします☆
まぁメジャーなナンバーはそこそこランクインしてるはハズなんで
洋楽ビギナーの方々には多少なりとも参考になるかとは存じます☆

上位20曲くらいはボクの好きな曲順に並んでますが
残り80曲については特に順位は関係ありませんですよ・・・


しかしながら・・・
果たしてオールジャンルで100曲づつ選べるかどうかは
ちぃ~とばかし自信がありません。。。スンマソン・・・
※過去記事チェックするのもかなり体力を要します故・・・。。。

とりあえずクリスマスが近いこともあるので
まずは洋楽バラードのベスト100だけはきっちりセレクトしときましょう!!
クリスマスシーズンには極上のバラードが必要ですからねぇ ♪(✿ฺ´∀`✿ฺ)
恋人との素敵なひとときのためにご参照になれば幸いですです☆

あ!失恋系ナンバーも含まれてますので歌詞の内容は無視してくださいね☆

ちなみにリンク先はボクの過去記事へのリンクです。。。
Yへの直リンクではありませんのであしからず・・・


もしかしたらYで削除されてるものもあるかもしれませんので
その場合ご容赦願います☆



「未来に残したい洋楽バラードの名曲ベスト100」

第 1位 The Way We Were - Barbra Streisand 【70年代】
第 2位 Bridge Over Troubled Water - Simon & Garfunkel 【70年代】
第 3位 Just Once - James Ingram 【80年代】
第 4位 Save the Best for Last - Vanessa Williams 【90年代】
第 5位 Where Did We Go Wrong? - The Manhattans 【80年代】
第 6位 Your Song - Elton John 【70年代】
第 7位 We're All Alone - Boz Scaggs 【70年代】
第 8位 Wind Beneath My Wings - Bette Midler 【80年代】
第 9位 Love takes time - Mariah Carey 【90年代】
第10位 Just the Way You Are - Billy Joel 【70年代】

第11位 A Song For You - Leon Russell 【70年代】
第12位 The Water Is Wide - Karla Bonoff 【70年代】
第13位 Didn't We Almost Have It All - Whitney Houston 【80年代】
第14位 I Need To Be In Love - Carpenters 【70年代】
第15位 Somewhere Out There - Linda Ronstadt and James Ingram 【80年代】
第16位 A Whiter Shade of Pale(青い影) - Procol Harum 【60年代】
第17位 I Still Believe - Mariah Carey 【90年代】
第18位 Endless Love - Diana Ross & Lionel Richie 【80年代】
第19位 Almost Paradise - Ann Wilson & Mike Reno 【80年代】
第20位 Nothing Love Can't Do - Bryndle 【90年代】

第21位 Hard To Say I'm Sorry - Chicago 【80年代】
第22位 Beauty And The Beast - Celine Dion & Peabo Bryson 【90年代】
第23位 Alison - Elvis Costello 【70年代】
第24位 All At Once - Whitney Houston 【80年代】
第25位 A Love So Beautiful - Michael Bolton 【90年代】
第26位 Separate Lives - Phil Collins and Marilyn Martin  【80年代】
第27位 Do Me Baby - Prince 【80年代】
第28位 Honesty - Billy Joel 【70年代】
第29位 Still They Ride - Journey 【80年代】
第30位 Still - The Commodores 【70年代】

第31位 Listen - Beyonce 【90年代以上】
第32位 Dilemma - Nelly feat. Kelly Rowland 【90年代以上】
第33位 You Can Have Me Anytime - Boz Scaggs 【80年代】
第34位 Let It Be - The Beatles 【70年代】
第35位 To Be With You - Mr.Big 【90年代】
第36位 You'll Never Let Me Go - Bruce Hibbard 【80年代】
第37位 Beautiful in My Eyes - Joshua Kadison 【90年代】
第38位 Heart Of Mine - Bobby Caldwell 【80年代】
第39位 Nothing's Gonna Change My Love for You - George Benson 【80年代】
第40位 I'll Make Love to You - Boyz II Men 【90年代以上】

第41位 The First Time - Surface 【90年代】
第42位 Bohemian Rhapsody - Queen 【70年代】
第43位 How Am I Supposed To Live Without You - Michael Bolton 【80年代】
第44位 Hey Jude- The Beatles 【60年代】
第45位 Lost In Your Eyes - Debbie Gibson 【80年代】
第46位 One More Try - George Michael 【80年代】
第47位 Company - Rickie Lee Jones 【70年代】
第48位 Against All Odds - Phil Collins 【80年代】
第49位 Last In Love- Nicolette Larson 【70年代】
第50位 Because I Love You - Stevie B 【90年代】

第51位 Stickwitu - The Pussycat Dolls 【90年代以上】
第52位 Wonderful Tonight - Eric Clapton 【70年代】
第53位 Crazy For You - Madonna 【80年代】
第54位 Baby I Love Your Way - Big Mountain 【90年代】
第55位 Sailing - Christopher Cross 【80年代】
第56位 That's What Friends Are For - Dione Warwick & Freands 【80年代】
第57位 If You Leave Me Now - Chicago 【70年代】
第58位 Glory Of Love - Peter Cetera 【80年代】
第59位 She - Gram Parsons 【70年代】
第60位 My One and Only Love - Sting 【ジャズの名曲】

第61位 It Will Be Alright - Airplay 【80年代】
第62位 Falling - Boyz Ⅱ Men 【90年代】
第63位 Love Will Lead You Back - Taylor Dayne 【80年代】
第64位 This I Promise You - 'N Sync 【90年代以上】
第65位 She's Out Of My Life - Michael Jackson 【70年代】
第66位 Rock Wit'cha - Bobby Brown 【80年代】
第67位 All My Life - K-Ci and Jo-Jo 【90年代】
第68位 Baby Come Back - Player 【70年代】
第69位 Miss You Like Crazy - Natalie Cole 【80年代】
第70位 Can you feel the love tonight - Elton John 【90年代】

第71位 A Groovy kind Of Love - Phil Collins 【80年代】
第72位 Tonight, I Celebrate My Love - Peabo Bryson&Roberta Flack 【80年代】
第73位 Tears in Heaven - Eric Clapton 【90年代】
第74位 If I Don't Have You - Orleans 【70年代】
第75位 If - Bread 【70年代】
第76位 I've Never Been To Me - Charlene 【80年代】
第77位 Just When I Needed You Most - Randy VanWarmer 【70年代】
第78位 How Do I Live - LeAnn Rimes 【90年代】
第79位 Next Time I Fall - Peter Cetera& Amy Grant 【80年代】
第80位 Should've Never Let You Go - Neil Sedaka  【80年代】

第81位 You Are Everything - Diana Ross & Marvin Gaye 【70年代】
第82位 Sometimes Love Just Ain't Enough - Patty Smyth & Don Henley 【90年代】
第83位 Right Here Waiting - Richard Marx 【80年代】
第84位 Betcha By Golly, Wow - The Stylistics 【70年代】
第85位 Don't Fall in Love with a Dreamer - Kenny Rogers (with Kim Carnes) 【80年代】
第86位 Take Me Back To Then - Bobby Caldwell 【70年代】
第87位 Stay With Me - Peter Cetera & Bobby Caldwell 【80年代】
第88位 I Guess That's Why they Call it the Blues - Elton John 【80年代】
第89位 Nobody Does it Better - Carly Simon 【70年代】
第90位 In This Life - Collin Raye 【90年代】

第91位 Blowin' In The Wind - Bob Dylan 【60年代】
第92位 Wild Heart Of The Young - Karla Bonoff 【80年代】
第93位 For Your Eyes Only - Sheena Easton 【80年代】
第94位 The Morning After - Maureen McGovern 【70年代】
第95位 I'll Take Care of You - J.D. Souther 【80年代】
第96位 More Than Words - Extreme 【90年代】
第97位 True Colors - Cyndi Lauper 【80年代】
第98位 Falling - Le Blanc & Carr 【70年代】
第99位 Always Gonna Love You - Gary Moore 【80年代】
第100位 The Smile Has Left Your Eyes - Asia 【80年代】



とりあえずダラ~っと100曲並べてみました。。。
お酒のみつつ「しっとり」「まったり」したいときにでもいかがでござんしょう???

変な話ですが・・・
ボクがこのブログを始めたきっかけって「洋楽バラードの名曲を聴きたいなぁ」
と思ってサイト検索してみたんですが、あまり参考になるサイトがなかったんで
だったら自分で作るか!というような感じだったんですよね☆

時間があればそのうち、もうちょいこのランキングの見栄えを良くしようかと思っております☆
[ 2012/11/24 23:04 ] コラム | TB(0) | CM(0)

Woman In Love - Barbra Streisand 【80年代バラード】

【80年代洋楽バラードの名曲】


Woman In Love





I selected "Woman In Love"
from album "Guilty"
of Barbra Streisand released in 1980.



1980年の洋楽ヒットチャートから


今の若い世代でバーブラ・ストライサンドという
名前を知ってる人は少ないだろう。

何となく映画女優かな?というようなイメージが沸くとすれば
まぁ上出来なのかも知れません。


しかしながら。。。
実際、彼女の職業をひとつの括りで語ることは非常に難しいのです。。。
もし一言でいうならば「究極のエンターテナー」でしょうか。


ちょっとWikiれば彼女の凄まじさが分かるのですが。
過去にアカデミー賞2回、エミー賞6回、ゴールデングローブ賞11回、
グラミー賞10回、トニー賞1回、ケーブルエース賞2回・・・etc

つまりはアメリカにおける映画、音楽、ミュージカルジャンルの
最高峰の賞を何度も受賞してきたということになります。


ちなみに、当ブログで何曲も過去の名曲を紹介してきたボクが
もし歴代1位だと思う洋楽バラードソングを決めろ!と言われたら
間違いなく彼女の「The Way We Were」を挙げます♪


そんな彼女がビージーズのギブ兄弟プロデュースによって
1980年にリリースしたアルバム『Guilty』から
3週連続で全米No.1ヒットとなった哀愁を帯びたバラードナンバー
「Woman In Love」をチョイス♪

このアルバムは主要各国のセールスチャートでNo.1を記録し、
バーブラにとって自身最大のヒットアルバムとなりました☆





Woman In Love - GuiltyWoman In Love - バーブラ・ストライサンド
アルバム『Guilty』 1980年

My Heart Belongs To Me - Barbra Streisand 【70年代バラード】

【70年代洋楽バラードの名曲】


My Heart Belongs To Me


前回、バーブラ・ストライサンドの「The Way We Were」を紹介して以来、
どうにも映画が観たくなってしまい、TSUTAYAディスカスで借りました!


映画に関しては、なぜ、このテーマソングが使われたのかなぁ?
と思うくらい、とっても政治的な思想が背景にある内容なんですが、
数十年ぶりに観て、まぁ。なかなか良かったですね。


さて、そんなバーブラ1977年リリースの大ヒットアルバム『Streisand Superman』から、
シングルヒットした「My Heart Belongs To Me」をチョイスです♪





My Heart Belongs to Me - The Essential Barbra StreisandMy Heart Belongs To Me - バーブラ・ストライサンド
アルバム『Streisand Superman』 1977年



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。