QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > Arabesque

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【☆秋の夜長に☆】ビギナーが選ぶビギナーのための名曲クラシック50選♪ 【その5】

【☆秋の夜長に☆】ビギナーが選ぶビギナーのための名曲クラシック50選♪


さて。。。
ちょいと開きましたが今回でクラシックの名曲特集も最後となります♪

ボクも毎日聴くというほどのクラシックファンではありませんが、
来週あたりから秋らしい涼しさが訪れるようですんで、
早まる夕暮れにグラスを傾けながらリラックスタイムのBGMに流してみる。
というのも大人っぽい気がします☆

そう。例えるならば・・・
おでんにカラシをつけたり、寿司にワサビを利かせたりするような感じ?
それが旨みそのものを増幅させる訳ではないが何となく大人の味覚な訳です。
お子様が刺激に耐えながらも無理して食べようとする大人の真似事のような行為。
もしかしたらそんな感じなのかもな?とは思います☆何のこっちゃ???



その前に。。。

おまけ.交響曲第9番 ホ短調 作品95『新世界より』
Symphony No. 9 in E Minor "From the New World",
Op.95, B.178- IV. Allegro con fuoco
アントニン・ドヴォルザーク


今回セレクトした50曲で基本的に交響曲はほぼ選んでません。
個人的にも好んで聴かないというのもありますが、
まぁ「秋の夜長に!」としている以上、あまり「どか~ん」と来られるのも無粋かなと。。。

一曲だけ「かっこいい」という観点から強いていうならば
ドヴォルザークの交響曲第9番 ホ短調 作品95『新世界より』は好きですね☆

しかし・・・ドヴォルザークってスゴイ名前ですよねぇ。。。
アントニン・ドヴォルザークかぁ・・・

『ジョーズ』を思い出させるちょいと不気味なイントロから
一気にスパークする辺りにシビれます☆

何となく『スターウォーズ』の「王座の間とエンド・タイトル」にも
通じる躍動感を感じるのですわね♪かっこええなぁ・・・

ではでは本編です☆



41.シュープラー・コラール集 第1曲「目覚めよと呼びわたる物見の声」 BVW 645
Wachet auf, ruft uns die Stimme
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ


以前もちょっと触れましたが、バッハ作品に関しては
フランスのオルガニストであるマリー=クレール・アラン女史の作品が
一番好きなのですね☆

彼女のアルバム『シュープラー・コラール集』はホントに良く聴きました♪
この曲を是非とも霧に支配された幻想的な深い森のなかで聴いてみたいものです。

個人的に敬虔なクリスチャンではないですが、スタイルという点では
カトリック系のバロックやゴシック様式の美術、建造物、そして
クロスやロザリオなどの装飾品は大好きです☆



42.ピアノソナタ第13番変ロ長調 第1楽章 K.333
Piano Sonata in B-flat major, K. 333, I. Allegro
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

アマデウス作曲 3楽章形式のピアノソナタの第1楽章☆
何となくセレブな豪邸に住むお嬢さんのたどたどしい練習曲として
流れてきそうな作品ですね♪



43.2つのアラベスク 第1番 ホ長調 アンダンティーノ・コン・モト
Deux Arabesques: No 1. Andantino con moto, L. 66
クロード・ドビュッシー

ドビュッシーの2曲からなる「2つのアラベスク」第1番です。
クラシックというよりはジャズっぽさも漂わすコンテンポラリーな作品。

ドビュッシーという名前も・・・スゴイですねぇ。。。
まぁあまり人の名前をネタにするのは止めます;;;



44.「白鳥の湖」 情景(第2幕・第10曲)
Swan Lake Suite, Op.20, Scene: Moderato (Act 2)
ピョートル・チャイコフスキー

まぁ誰もが知るクラシックナンバーの上位に入るであろう
チャイコフスキーの超メジャーなバレエ音楽「白鳥の湖」ですね☆

でも。あまり最後までちゃんと聴いた人って少ないんじゃないでしょうか?
ものすんごく哀愁を放電しまくりなマイナーコード作品ですが、
切なくなるほど誰かを思う感情ってこういう音なんじゃないでしょうかねぇ?



45.ゴールドベルク変奏曲 BWV988
Goldberg Variations, BWV 988
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ

今回の50曲で登場回数が一番多いのはやっぱバッハですね。
その馴染みやすくて美しいメロディは、まさにクラシックの入門には最適なんでしょうな。
音が自然と溶け込んできて心が浄化されてゆくような気がします。

確かにWikiにも書いてありますが、この曲って簡単そうで簡単には弾けない曲かも???
まぁ全32曲のコンプVer.にリンクしておりますが第1曲目がお勧め☆
無論、1時間以上要しますが全て完聴するのも良しです☆
ご自宅などでのお仕事中に何となく流すには最適なBGMでしょう☆☆☆



46.愛の挨拶 作品12
Salut d’Amour, Op. 12
エドワード・エルガー

『威風堂々』の作曲家であるエルガーのヴァイオリン曲☆
まぁ『威風堂々』のインパクトがあまりにも強烈過ぎるんで、
大人しく聴こえてしまうのは仕方ないでしょうね。

何かのCMで使用されてましたよね?



47.ピアノ協奏曲第2番変ロ長調作品83 第3楽章
Piano Concerto No. 2 in B-flat major, Op. 83 - Mov3:Andante
ヨハネス・ブラームス

全4楽章からなるピアノ協奏曲第2番変ロ長の第3楽章「アンダンテ」♪
美しいストリングスが非常に印象的なブラームス作品です☆

この曲も個人的には好きなクラシック作品の上位に入っております!
こういう荘厳さを感じさせてくれる曲って、当然ながら最近の音楽には皆無です。



48.ピアノ協奏曲イ短調 作品54 第1楽章
Piano Concerto in A minor, Op.54 - Mov.1:Allegro affettuoso (A minor)
ロベルト・シューマン

全3楽章のピアノ協奏曲第1楽章「アレグロ・アフェトゥオーソ」です♪
シューマン作品ってあまり知りませんが、この曲は起伏に富んでて実にドラマティック♪
うす曇り空に覆われた北欧の街並みが浮かんできます。



49.ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47 第2楽章
Violin Concerto in D minor, Op. 47 - Mov.2:Allegro moderato
ジャン・シベリウス

フィンランドの作曲家であるジャン・シベリウスの作品
「ヴァイオリン協奏曲 ニ短調」から全3楽章の第2楽章
「アダージョ・ディ・モルト」です♪

何度か書いてる気もしますがバロック以降の
ヴァイオリン系の協奏曲もあまり好きではないんですが、
このくらい?に収まってくれていると聴き易いですよね(笑



50.夜想曲第20番「レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ」遺作
Nocturne No. 20 in C-sharp minor, Op. posth
フレデリック・ショパン

俗に「ノクターン第20番」とされる夜想曲第20番 嬰ハ短調「遺作」♪
実に哀しいメロディです。。。もしこんなピアノを家で奥さんが弾いてたら
ビックリしますわねぇ・・・音楽って本来、言葉の代わりに「心」を
伝えるべきものだったんでしょうがねぇ。。。
さて・・・
もし奥さんがこの曲を弾いてるとした場合の心理は如何なものなんでしょう?
決して生活に満足してるとは言い難いでしょうね☆



さて。。。
どうにかビギナーのためのクラシックを50曲ばかりチョイスしてきました☆
ボク自身ビギナーですんで果たしてこのセレクトで良かったかどうか分かりません。

でもまぁ。初めてクラシックでも聴いてみるか?
という方々には、そこそこ宜しいかと存じます☆

とりあえずクラシックの名曲はボクの中では紹介し尽した感が御座いますです♪

I Stand By You - Arabesque 【80年代バラード】

【80年代洋楽バラードの名曲】


I Stand By You


お!!この曲あったんだ☆☆☆

だいぶ前にも紹介したアラベスク1981年リリースのアルバム
『In for a Penny (ビリーズ・バーベキュー)』 は、
秋葉原でボクが初めて買った音楽テープなのですね☆
※多分。。。きっと小学校6年のときだったと思いますが・・・。

そういう意味で、このアルバムは個人的には実に思い入れが深いですねぇ☆
そして、どの楽曲も素晴らしいこのアルバムのエンディングを飾るのが
哀しげなミディアムスローなバラードナンバー「I Stand By You」です。。。

他のダンサンブルなナンバーとの対比効果もあってか、
初めてこの曲を聴いたとき、ものすごく切なくなった記憶があります;;;

まぁ。懐かしき思い出の一曲です☆





悲しみも二人 - ビリーズ・バーベキューI Stand By You - アラベスク 
5thアルバム『In for a Penny (ビリーズ・バーベキュー)』 1981年
アルバムお薦め度 『持っていても良いでしょう』



In For A Penny In For A Pound - Arabesque

【80年代洋楽ポップスの名曲】


In For A Penny In For A Pound


さてさて。
若者諸氏は知らないだろうが(笑)
ボクが「ウォークマン」というポータブルカセットデッキ(なのか?)
をオヤジに買ってもらったついでに、初めて買った音楽テープが
アラベスクの「ビリーズバーベキュー」。


収録曲に捨て曲がほとんどナシ!
特にラストのバラード「悲しみも二人」が泣ける。
まさにボクの記憶の中の名盤の一枚である。


「恋にメリーゴーランド」か「ビリーズバーベキュー」か悩んだが、
まぁ1曲選ぶなら「恋にメリーゴーランド」かな。


その後のつんく氏にも多いに影響を与えたであろう
まさにTHIS IS DISCO SOUND的な傑作である。





恋にメリーゴーランド - ビリーズ・バーベキュー
In For A Penny In For A Pound(恋にメリーゴーランド) - アラベスク
5thアルバム『In for a Penny (ビリーズ・バーベキュー)』 1981年
アルバムお薦め度 『持っていても良いでしょう』


Amazonで視聴できます♪



Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。