QLOOKアクセス解析

未来に残したい洋楽&邦楽の名曲

70~80年代の洋楽&邦楽を中心に未来に残したい名曲&名盤を独自にチョイスするBlogです☆
未来に残したい洋楽&邦楽の名曲 TOP > AC/DC

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Rock N Roll Damnation - AC/DC 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Rock N Roll Damnation





ふと気付けば・・・
すっかりと、どっぶり本格的な夏を迎えておりますねぇ。。。
7月に入って早々の、凄まじい猛暑続きの日々に比べれば、
幾分、暑さも和らいでおるのかなぁ?とは思いますけども。。。


さて!
ボクも最近、めっきり週一ペースにブログ更新頻度も落ちておるのですけど、
まぁ、夏が終わるまではこんな感じでノンビリやっていこうかな?
と思っております。

と、まぁそんな感じで!

まずは、1978年にリリースされたAC/DCの5thアルバム『Powerage』から!
オープニングトラック「Rock N Roll Damnation」をチョイス☆
「ど」が付くくらいシンプルなリフですけどもね。。。
な~んか、カラダが自然と動いてしまうのですわぁ~♪
なかなかウエストコーストっぽいノリで気持ち良いナンバーでござんす☆




Rock 'N' Roll Damnation - PowerageRock N Roll Damnation - AC/DC 
5thアルバム『Powerage』 1978年

Whole Lotta Rosie - AC/DC 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Whole Lotta Rosie





I selected "Whole Lotta Rosie"
from 4th album "Let There Be Rock"
of AC/DC released in 1977.



AC/DCのアルバムは 全部聴いたってわけじゃなかった。

隣の兄貴から 一番最初に貰ったカセットは
1977年にリリースされた4thアルバム『Let There Be Rock』。

それ以降の作品は 何枚か自分で買ったけど
それ以前のアルバムは まだ聴いたことがない。


AC/DCってハードロックバンドなんだろうけど
この『Let There Be Rock』って ハードなR&Rっていう感じの
ドライなナンバーが並んでて すんごく好きだ。

特に 「Let There Be Rock」や「Bad Boy Boogie
の疾走するアンガス兄弟の乾いたリフは すごくイカしてると思う。

とにかく このアルバムは大音量で聴けば聴くほど
" ライブな生っぽさ "が伝わってくるんだ。

きっと ヴォーカルに必要以上のエフェクトを掛けてないせいだろう。


ボクは 兄貴から貰ったテレキャスターを抱え
B面のラストナンバー「Whole Lotta Rosie」に針を落とす。

この曲の序盤のギターフレーズは 偶数小節をブレイクさせる。
ライブで" ブレイク "を多用するのって案外難しい。

きっとこの曲もライブで演ったら ヨシトのリズムが
バラつきそうな気がする。

でも 確かにAC/DCのリフって アンガス・ヤングほどには
過激にならなくても 弾いてるうちに 気付くと" ヘッドバンキング "
しちゃってるんだ。


不思議なことに 他のハードロックナンバーを弾いてても
あまり そういうことにはならない。

だからきっと このバンド特有のリズムっていうのがあるんだろうな。
何となくそんな気がする。


【ALOHA STAR MUSIC DIARY / Extra Edition】





Whole Lotta Rosie - Let There Be Rock

Whole Lotta Rosie - AC/DC 
4thアルバム『Let There Be Rock』 1977年

Bad Boy Boogie - AC/DC 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Bad Boy Boogie





I selected "Bad Boy Boogie"
from 4th album "Let There Be Rock"
of AC/DC released in 1977.


さて。
このところ過去の洋楽ヒットチャートねたばっかりで
すっかりボクの推し系アーティストの作品をご紹介しておりません。。。

本当はアルファベットのAとZから順番に
ロックバンドの名曲を紹介していく予定だったんですが
未だにAC/DCとZZトップが紹介し切れていない始末・・・

う~。。。もしホンキでやったら何年掛かることやら。。。


そんなAC/DCのナンバーを久々にいきましょう☆

ジャケット&短パンでヘッドバンキング!
というアンガス・ヤングStyleが完全に確立された
1977年にリリースの4thアルバム『Let There Be Rock』から!

ヘヴィリフが超Coolな「Bad Boy Boogie」をチョイス☆
※でもこのリフの演奏はマルコム・ヤング氏なのか?

この曲に関してYにはオリジナル音源が見当たりませんでしたので
アンガスが一番ぶっ飛んでるライブVer.をチョイス♪

が。1980年にお亡くなりになられたヴォーカルのボン・スコット氏は
アンガスに反比例するかのように すんごく大人しく歌われております。。。


もし この曲をこのサイズのライブハウスで聴いてたら
相当にボクらもぶっ壊れるんじゃないでしょうかねぇ(笑




Bad Boy Boogie - Let There Be RockBad Boy Boogie - エーシー・ディーシー
4thアルバム『Let There Be Rock』 1977年

All I Wanna Do Is Make Love to You - Heart 【90年代バラード】

【90年代洋楽バラードの名曲】


All I Wanna Do Is Make Love to You





I selected "All I Wanna Do Is Make Love to You"
from 11th album "Brigade"
of Heart released in 1990.



1990年の洋楽ヒットチャートから


ウィルソン姉妹を中心とするロックバンドであるハート☆
まぁ80年代中期に大ブレイクを果たした彼女たちですが、
80年代後半にやや失速いたします。。。

ですが・・・
90年代に入るなりリリースした11thアルバム『Brigade』のリードシングル
「All I Wanna Do Is Make Love to You」が久々にチャートインし、
ビルボードのシングルチャートで最高2位を獲得いたします☆
何か・・・90年代初期ってこういう老舗バンドの復活劇が結構多いんですがねぇ。。。

妙にベースラインが強調された爽やかロッカバラードっす☆

ちなみに・・・
この曲のライターはAC/DCやデフ・レパードなどのプロデュースを手掛けた
ロバート・ジョン“マット”ランジ氏☆
(かつて)シャナイア・トゥエインさんの旦那(だった御方)のようですな☆




All I Wanna Do Is Make Love to You - BrigadeAll I Wanna Do Is Make Love to You - ハート
11thアルバム『Brigade』 1990年

【ビーバス & バットヘッド】 Creeping Death - Metallica 【80年代ロック】

【80年代洋楽ロックの名曲】


Creeping Death





I selected "Creeping Death"
from 2nd album "Ride the Lightning"
of Metallica released in 1984.



『ビーバス & バットヘッド』というアニメをご存知でしょうか?
MTVをご覧になっていた方であれば誰もが知ってるであろう
不気味な笑い方をする超イカれた小学生2人が織り成す かなりおバカなアニメです。。。

かつてこのアニメのビデオをほぼ全巻オークションで購入したんですが、
な~んか物足りなさを感じたんですね。

というのもMTV内で放映されていたバージョンでは、
ビーバス & バットヘッドの二人がMTVをテレビ鑑賞しながら
ヌルいポップスやバラードPVに対してはボロくそにコケおろし
(アーティスト本人に対しても辛らつな口撃を食らわす)
ロックナンバーが流れると得意のフレーズ「Cool☆(くぅ)」を連発し
ヘッドバンキングで盛り上がる!

というコーナーが挿入されておりましたが、
ビデオではその部分がカット(著作権の関係上、まぁ当たり前ですが・・・)されとります。
その部分が最大の見所だったのにカットされてしまうなると
後に残るのは単なる不毛なストーリーのみです;;;

↓こんな感じの内容です。。。




さて。。。
この2人が着ているTシャツですが、テレビアニメ版では
ビーバスには「メタリカ」、そしてバットヘッドには「AC/DC」
の名前がプリントされとります。

そんな訳で!
スラッシュメタルの先駆けバンドのメタリカが1984年にリリースした2ndアルバム
『Ride the Lightning』から「Creeping Death」をチョイス☆

1984年といえばヴァン・ヘイレンの「1984」がバカ売れしてた時代。
ポップでキャッチーなロックが善しとされている中で、
ここまで硬派なメタルサウンドを貫いた姿勢は立派です☆
が、セールス的にはアルバムチャート100位までにもランクインできず・・・
必然的にシングルも同様、チャート100位までにランクインできておりません。。。

ただメタリカの場合、90年代に入って以降リリースされた全てのアルバムが
アルバムチャートでNo.1を獲得しとります。まぁ大器晩成型バンドだったんでしょうねぇ♪
しかしボク自身は売れてからのアルバムは聴いたこと無いですね。
売れてないこの2ndくらいまでしか知りませんなぁ。。。




Creeping Death - ライド・ザ・ライトニングCreeping Death - メタリカ
2ndアルバム『Ride the Lightning』 1984年

Let There Be Rock - AC/DC 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Let There Be Rock 





I selected "Let There Be Rock"
from 4th album "Let There Be Rock"
of AC/DC released in 1977.




さてさて。
ちょっとまだ多忙なんであまりブログを更新できませんが。。。
数曲いっときましょう☆

久々にハードロックねたでAC/DCを☆
1977年にリリースされた4thアルバム『Let There Be Rock』から
A・ヤング(しっかし若けぇなぁ。。。)のハードリフなイントロと
楽曲を突き抜けるディープなベースラインがイカす
アルバムタイトルトラック「Let There Be Rock」をチョイス☆

1980年に怪物的セールスを記録する7thアルバム『Back in Black』を
リリースする前の『Let There Be Rock』を含む3枚のアルバムは
セールス的には決して大成功しておりませんが、
彼らのエネルギーが最も効果的に音に集約されてた時期だろうかと。。。




Let There Be Rock - Let There Be RockLet There Be Rock - エーシーディーシー 
4thアルバム『Let There Be Rock』 1977年

Gimme All Your Lovin' - ZZ Top 【80年代ロック】

【80年代洋楽ロックの名曲】


Gimme All Your Lovin'


I selected "Gimme All Your Lovin'"
from 8th album "Eliminator"
of ZZ Top released in 1983.



まぁ。
当サイトを何度もご訪問くださっている方々ならば
AC/DCの後はどのバンドを紹介するのかすでにお判りでしょう(笑

ボクが初めて買ったZZトップのアルバムが、1000万枚超えの
大ヒットセールスを記録した1983年リリースの8thアルバム
『Eliminator』です☆

収録曲の半分近くがシングルカットされるという
まさに傑作ナンバー揃いのロックの名盤☆

ロックファンなら一度は聴いたことあるでしょうね♪


彼らの場合、AC/DCとは逆に80年代に入ってからのサウンドのほうが
圧倒的にCoolです☆ギターからして全く違った音に変化しましたね!

それまではぶっちゃけ「のどかなアメリカ南部のテキサスロック」な感じが
しなくもなかったんですが、この『Eliminator』以降、
デジタルエフェクトを大々的に採り入れて分厚いロックサウンドを
聴かせてくれることになるのですね!!

では、彼らの変貌ぶりが反映されたアルバムのオープニングトラック
「Gimme All Your Lovin'」をチョイス♪♪
久々に「アルバムお勧め度」付きの作品ですわね☆





Gimme All Your Lovin' - EliminatorGimme All Your Lovin' - ZZトップ
8thアルバム『Eliminator』1983年
アルバムお勧め度「持っていても良いでしょう!」

Go Down - AC/DC 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Go Down





I selected "Go Down"
from 4th album "Let There Be Rock"
of AC/DC released in 1977.



さて。
久々のAC/DCです♪

いやぁ。。。久々に聴くとカッチョいいっすねぇ☆
1977年リリースの4thアルバム『Let There Be Rock』から
イントロのハードリフに思わずカラダが動いてしまう
オープニングナンバーの「Go Down」をチョイス♪

やっぱ彼らはR&Rベースのほうが良かったなぁ。。。
とどうしても思っちゃうのですけどね!!

後半のヴォーカル&ギターの掛け合いが渋い!!




Go Down - エーシーディーシー 
4thアルバム『Let There Be Rock』 1977年

Cheap Sunglasses - ZZ Top 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Cheap Sunglasses


I selected "Cheap Sunglasses"
from 6th album "Deguello"
of ZZ Top released in 1979.




なぜかAC/DCを紹介すると、どうしても次はZZトップへと繋がってしまう・・・
変なルーチンが慣例化しておりまして・・・

そんな彼らが1979年にリリースした6thアルバム『Deguello』 から
ツウを唸らすR&B風ギターワークが堪らない「Cheap Sunglasses」をチョイス♪
まぁこの曲の場合、歌そのものよりも「間奏」を聴くというのが
正しいスタンスなんでしょうね☆


ちなみに・・・
「Degüello」ってスペイン語か??
まぁサウス&アミーゴな感じなんで、たぶんそうでしょうね☆





Cheap Sunglasses - DeguelloCheap Sunglasses - ZZトップ
6thアルバム『Deguello』 1979年

Jailbreak - AC/DC 【70年代ロック】

【70年代洋楽ロックの名曲】


Jailbreak





I selected "Jailbreak"
from 3rd album "Dirty Deeds Done Dirt Cheap"
of AC/DC released in 1976.



今日(昨日か?)は結構マジメに仕事したもんで疲れました・・・

てな訳で、ちょいとロックなナンバーからいきましょう♪

AC/DCが1976年にリリースした3rdアルバム『Dirty Deeds Done Dirt Cheap』から
エッジの効いたリフがイカす「Jailbreak」をチョイス♪
「プリズン」じゃなくって「ジャイル」なのね・・・

このアルバムを含む70年代のAC/DC作品って、かなりマジメ?
にR&Rしてますんで80年代以降のヘヴィな路線よりもボクは好きです。
特にこの3rdは、かなり良いアルバムだと思うのですね。


けどまぁ。。。非常に佳作が多いのですが、
名曲とまでは行かないナンバーが多い。。。のかな?



Jailbreak - エーシーディーシー 
3rdアルバム『Dirty Deeds Done Dirt Cheap』 1976年

Masterpiece of the Western music of the 70s/70年代洋楽の名曲
If you want to cry/泣きたいとき
If you want to be healed/癒されたいとき
Drinking alcohol/お酒を飲みつつ
While driving/ドライブしながら
If you want to Fever/血が騒ぐ
Masterpiece of the Western music of the 80s/80年代洋楽の名曲
80's Ballard masterpieces/80年代バラードの名曲
80's Rock masterpieces/80年代ロックの名曲
80's Pops & AOR masterpieces/80年代ポップスの名曲
70's Dance masterpieces/70年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Western music of less than 70s/70年代未満洋楽の名曲
Less than the 70's classic Ballad/70年代未満バラードの名曲
Less than the 70's classic Rock/70代未満ロックの名曲
Less than the 70's classic Pops & AOR/70代未満ポップスの名曲
Masterpiece of the Western music of more than 90s/90年代以上洋楽の名曲
Ballade more than of the 90s/90年代以上バラードの名曲
Rock more than of the 90s/90年代以上ロックの名曲
Pops & AOR more than of the 90s/90年代以上ポップスの名曲
90's Dance masterpieces/90年代ダンス系の名曲
Masterpiece of the Japanese music/未来に残したい日本の名曲
Dedicated to sweethearts/恋する二人に捧ぐ
Spend the night with sadness/悲しみと共に過ごす夜
Nostalgic feelings/ノスタルジックな想い
In the room which shines with the morning sun/朝日が差し込む部屋で
While looking at the setting sun in a hotel/夕陽が見えるホテルで
Memories of youth/若かりし日々の思い出
If you want to fuss/タテノリしたい気分なとき
If you want to feel the Rock/かなりRockな気分
Masterpieces of Instrumental/インストルメンタルな名曲
 
Profile

rakiworld21

Author:rakiworld21
Hai ☆I m Raki  (*^・ェ・)ノ ☆


Group / Duet 【 A ・ B ・ C 】
Group / Duet 【 D ・ E ・ F 】
Group / Duet 【 G ・ H ・ I 】
Group / Duet 【 J ・ K ・ L 】
Group / Duet 【 M ・ N ・ O 】
Group / Duet 【 P ・ Q ・ R 】
Group / Duet 【 S ・ T ・ U 】
Group / Duet 【 V ・ W ・ X 】
【 Artist V 】
Van Halen
Vapour Trails
The Velvet Underground
The Ventures
Virus

【 Artist W 】
The Wailers
Wang Chung
Was (Not Was)
Wishbone Ash
The Who

【 Artist X 】

Group / Duet 【 Y ・ Z 】
【 Artist Y 】
Y & T
Yazoo
Yes

【 Artist Z 】
ZZ Top



FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。